• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

ハードコアなハワイアンサーファーのイメージそのものといった感じのサニー・ガルシア(45歳)。30歳であった2000年にワールドチャンピオンに輝き、今でもトリプルクラウンに参加したりと、現役ながらレジェンドサーファーです。パイプラインでのレジェンドサーファーが出場するヘリテージ・シリーズにも出場しましたしね。

今回の動画は、ケリー・スレーターのインスタグラムにアップされた映像となります。映像に登場するのがサニーで、顔面から流血しています。でも、なんで?その一部始終を、GoProが捉えていました。

Kelly Slaterさん(@kellyslater)が投稿した動画 -

 
めちゃくちゃ痛そうな映像ですね。笑える映像なのかもしれませんが、こういったハプニングはサーフィンをしていれば誰にでもありえます。私もやってしまいそうな事なので、あまり笑えず、ちょっと怖くなりました・・・。

ちなみに、この動画をアップしたケリーは、「子供の頃に『頭を使え』って言われたと思うけど、サニーはそのアドバイスを文字通り受け止めちゃったんだね(笑)」とコメント。仲が良いからこそ、言えるセリフですね。

サニー同様、顔面強打の危機にさらされながら、こちらは難を逃れたCJホブグッドの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

はしゃぎ過ぎたCJホブグッドの危機一髪

 

  • ジェイミー・オブライエンによるボードトランスファーの舞台裏
  • ケリーがミックにイラっとしちゃう2017年ツアーノート@ゴールドコースト(オーストラリア)
  • テイラー・スティール新作に取り入れられたVR映像!ケリー、ステフ、ラスタも撮影にチャレンジ
  • 今後流行るのか?「SUP×ボクシング」という変わり種の新競技
  • ティア・ブランコが出演するWQSイベント@ロス・カボス(メキシコ)のPR動画
  • ローレン・ヒルが恥ずかしい体験談などをユーモラスに描いた女性サーファーのハプニング

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事