• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

先日、三発の銃弾に倒れ、24歳という若さで他界したブラジル出身ビッグウェイブサーファーのリカルド・ドス・サントス。今回の動画は、そんなリカルドにとって、ハワイでのラストサーフといった今シーズンのフリーセッション映像をお届けします。

チョープー(タヒチ)のイメージが強かったのですが、ハワイも大好きだったというリカルド。2014年パイプマスターズでは、招待制イベントとなるトライアルに招待されていました。

同イベントは、ほぼハワイアンのみの出場で、インターナショナルサーファーとして招待されたのはジャック・ロビンソンとリカルドだけだったと思います。

残念ながら、怪我により出場は叶いませんでしたが、それだけ実力が認められていたという事ですね。スポンサーであるビラボンのイベントとは言え、素晴らしい実績と言えます。

ケリー・スレーターのインスタグラムによると、リカルドの死後、パイプラインではサーファーがパドルアウトし、リカルドの死を悼んでいたと言います。ハワイアンサーファーからも認められ、リスペクトされていたことが分かるストーリーです。

リカルドと交流の深かったタヒチ出身のミシェル・ボウレズはSNSで、「銃弾で命を落としたけど、リカルドの魂までは死んでいない」とコメント。リカルドの魂を受け継ぐビッグウェイブサーファーの到来を期待したいですね。

母国ブラジルにて拳銃で撃たれたリカルド・ドス・サントス

訃報:リカルド・ドス・サントス


スポンサーリンク


フリーサーフの関連記事
  • 2008年に初サーフされたロングバレルのスケルトンベイ:コリー・ロペス
  • リップカール・プロ・ベルズ後のフリーサーフ:ジェレミー・フローレス&ジョンジョン・フローレンス
  • 大型ストームが荒れ狂うニューヨークで波を求めたストームライダー
  • フィリペ・トレドによるローワーズ(カリフォルニア)とモルディブでのフリーサーフ動画
  • 北スマトラへサーフトリップ:ギャレット・パークス&トレン・マーティン
  • 地元ニューポートでスタイリッシュにバレルクルーズ:アレックス・ノスト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事