サンディエゴ出身のデヴォン・ハワード「Devon Howard」。パタゴニアのアンバサダー(大使)を務めるデヴォンは、ロングボード・マガジン誌の元編集者であり、ライターやフォトグラファーとしても活躍するサーファーです。

今回の動画は、そんなデヴォンによるサーフ映像をお届けします。当ブログで多いアグレッシブなサーフィンとは異なり、リラックスしたクルージングスタイルが心地よい映像となっています。

デヴォンが乗っているボードは、70年代デザインにインスパイアされた7'2"のエッグ。撮影場所はサンディエゴのリーフブレイクということで、そんなボリュームのあるボードにピッタリな波ですね。

こういった映像を見ると、ボリュームのあるボードでゆったりと乗るスタイルに魅了されます。ただ、映像のような理想的な波が、近場にあるのかどうかが、日本では問題なのですが・・・。


スポンサーリンク

 

社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論
イヴォン シュイナード
東洋経済新報社
売り上げランキング: 12,488

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事