• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

コンテストの裏側を撮影するハーレーのツアーノート。今回は、終了したばかりの2015年度ボルコム・パイプ・プロで優勝したジョンジョン・フローレンスを中心に据えた映像となります。

ジョンジョンの優勝を祝う場で、みんなが口にした歌はハッピーバースデーならぬ、ハッピーパイプライン(笑)。ローカルスターであるジョンジョンは、パイプマスターズでの優勝を期待されながらも逃していたので、今回の優勝は、ジョンジョンだけでなく、ローカルにとっても嬉しい結果だったのでしょう。

その後は、コア・ロスマンやジョンジョンのシェイパーであるジョン・パイゼルなども登場。ジョンジョンが最終日に使用したボードの長さは6'1"だったとのこと。最終日は、サイズが下がったといっても4~6フィート(6フィートは、波を裏から測るハワイアンサイズでダブルオーバーくらい)だったので、結構短いボードですね(ちなみに、カリフォルニアといったアメリカ本国では、波のフェイス《正面》からサイズを測るので、ハワイアンサイズの2~3倍程度の表記になります)。

2013年のパイプマスターズではファイナルでケリー・スレーターに破れ、年が明けて2014年のボルコム・パイプ・プロは3年連続で優勝を果たしていたのに、こちらもケリーに阻止されていたので、ジョンジョンとしても待望のパイプイベントでの優勝だったでしょうね。


スポンサーリンク


  • Who is JOB 5.0:エピソード5
  • チョープーで炎に包まれながらのバレルライド:ジェイミー・オブライエン
  • ブルース・アイアンズが体験した人生最大級の赤っ恥
  • パイプマスターズのトライアルイベントでGoPro撮影:ジェイミー・オブライエン
  • 流氷の残る湖でウェイクスケート:ブライアン・グラブ
  • ジグゾーパズルみたいに組み合わせて誕生するウエットスーツの製造工程動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事