コスタリカ出身のカルロス・ムニョス「Carlos Munoz」(22歳)。昨年2014年にトレッスルズで開催されたWCTイベント「ハーレー・プロ」にて、ビデオトライアルで勝ち上がってワイルドカードを獲得し、コスタリカ人サーファー初のWCTイベント出場を果たしたサーファーですね。

各サーファーが、自身のサーフ映像をアップし、一般投票によるトーナメント方式で行われたビデオトライアル。カルロスの場合、コスタリカのスポーツ界が全面的にバックアップし、組織票で勝ち上がったとの批判もありました。

しかし、出場したラウンド1では、2014年度ワールドチャンプとなったガブリエル・メディナを破る結果を残し、実力を証明して見せました。ちなみに、ガブリエルとはラウンド3で再戦となり、敗れてしまいました。

今回の動画は、そんなカルロスがコスタリカでフリーサーフする映像となります。コスタリカは、西に大西洋、東にカリブ海が広がる国。ということで、両サイドでのサーフ映像ということです。

ガブリエル・メディナのワールドチャンプという結果で、盛り上がっている南米。この勢いは、カルロスを含む中米サーファーにも火を付けたことでしょうし、サーフ業界も注目するようになるはず。実際、ボルコムは、中南米のサーファーをピックアップしたサーフ動画をアップしたりしていますので。ボルコムによる中南米サーファーの動画は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ラテンアメリカ出身サーファーによるノースショアセッション

ラテンアメリカ出身サーファーによるメキシコセッション

ラテンアメリカ出身サーファーによるコスタリカセッション


スポンサーリンク

 

エンドレスサマーII〈ニューマスター版〉 [DVD]
レイドバック・コーポレーション (2005-06-24)
売り上げランキング: 7,221

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事