オーストラリアQLD(クイーンズランド)州のヌーサヘッズ(Noosa Heads)。毎年3月になると、ロングボーダーにとっての大規模イベントであるヌーサ・フェスティバル・オブ・サーフィン(NOOSA FESTIVAL OF SURFING)の開催地としても有名ですね。

同イベントが開催されるということで、ロングボーダー向きのメローな波がブレイクしていると思われるかもしれませんが、ヌーサはいくつかサーフスポットがあります。

サーフスポットがあるのは、ナショナルパーク(国立公園)の中となるので、駐車場に車を停めてから徒歩でのアクセスとなります。いずれのサーフスポットもライトのポイントブレイクで、スポットによって波質は異なるので、ショートボーダーでも十分に楽しむことができます。

また、徒歩でのアクセスとなるため、駐車場から遠いサーフスポットほど、混雑は緩和されます。ちなみに、上記ロングボードイベントのコンテスト会場となっているサーフスポットは、ファーストポイント(First Point)です。

今回の動画は、ジュリアン・ウィルソンがヌーサでフリーサーフする映像となります。ジュリアンはQLD州サンシャインコースト出身で、サンシャインコーストの北にヌーサは位置しています。つまり、ジュリアンにとってヌーサは、ホームブレイクのような感じですね。

サイズは小振りな波ですが、ポイントブレイクらしく、かなりのファンウェイブが割れています。ただ、私なら遠慮してしまうほどの混雑です・・・。

ジュリアンのお勧め過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ヌーサヘッズで見せるジュリアン・ウィルソンのフリーサーフィン

新旧サーフスタイルを兼ね備えたジュリアン・ウィルソンの最先端ムーブ

レイキーピークでの世界最高峰フリーセッション:ジュリアン&ダスティ


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事