サーフィン大国のオーストラリア。今シーズンのワールドツアーでは、オーストラリア出身サーファーの数が最も多く、それだけ国内でのレベルの高さが窺えます。となると、その中で知名度を上げるのは至難の業。

今回の動画は、オーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州の州都パース出身のブラッド・ノリス(Brad Norris)のビッグウェイブ映像をお届けします。

オーストラリア国内でのビッグウェイブアワードでは、ファイナリストにノミネートされたりしているものの、インターナショナルシーンではあまり知られていないブラッド。

目を疑いたくなるようなビッグウェイブに、パドルとトウイン(ジェットスキーで牽引して波に乗るスタイル)でチャージするブラッドのサーフィンは、世界トップレベルのビッグウェイブサーファーに全く引けを取りません

しかし、普段はホームで配管工としての仕事もこなしています。また、チャレンジ好きのブラッドは、昨年前半、パース沿岸からロットネスト島までパドルするというチャレンジにトライ。スタートから2キロほどの距離で、水上警察に止められたそうですが・・・。

さて、今回の動画は、主に2014年に撮影した映像がメインになっているとのこと。撮影場所は、WA州が誇るヘビーブレイクのサイクロプス(Cyclops)。エグすぎる波です・・・。

これほどの波にチャージしながらも、世界的にはアンダーグランドなサーファーなのです。配管工の仕事をしている姿からは、こんな波にチャージするサーファーだなんて、誰も思わないでしょうね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事