• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

7000以上もの島々からなるフィリピン共和国。台風シーズンがメインとなる太平洋沿岸、冬になるとメインとなる南シナ海沿岸と、年中どこかしらでサーフ可能な国ですね。

日本からのアクセスだと、直行便で4時間程度と手軽です。しかし、治安の問題から、決してメジャーなサーフデスティネーションではありません。

今回の動画は、そんなフィリピンで次期サーフスターになるかもしれない5歳のキッズをピックアップした映像となります。主人公は、5歳にしてサーフィンとスケートに熱中しているカイカイ・アルカラ(Kai Kai Alcala)。

ジョンジョン・フローレンスの大ファンということで、似たようなニックネームで呼ばれているのかと思います。スイミングを覚えるよりも先に、サーフィンを始めたというカイカイ。

経済的に苦しいフィリピンであるため、海に囲まれた環境でありながら、なかなかサーフィンは一般的なスポーツではないと思います。しかし、カイカイの場合、母親がフィリピンの国内サーフィンチャンピオンに5度輝き、母親の兄弟はクラウド9インターナショナルマスターズで3回チャンプとなっています。つまりは、サーフィン一家ですね。

アジアのサーフシーンを見ると、日本やインドネシアではカルチャーとしての側面を持つほどになってはいるものの、なかなかコンテストサーフィンの頂点であるワールドツアー入りを果たすサーファーはいません。もしかしたら、カイカイのような存在が増えてくれば、予想もしなかったフィリピンから凄いサーファーが登場してくるかもしませんね。


スポンサーリンク


ライフスタイルの関連記事
  • メンタルの強さが分かるガブリエル・メディナの2016年シーズンを振り返るインタビュー動画
  • 4度目の正直でワールドタイトルなるか?チャレンジを止めないサリー・フィッツギボンズ
  • ワールドツアー開始直前に来日した五十嵐カノアのドキュメンタリー動画
  • 幼い息子と海を楽しむ女性ロングボーダーのアイコン:ベリンダ・バッグス
  • 海南島で生まれたサーフコミュニティを4年振りに再訪:マーク・マシューズ
  • ケリーを破ったりと着実に結果を残すフレデリコ・モライスのドキュメント動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事