サーフィン大国と言われるオーストラリア。サーフィンがスポーツとして確固たる地位にあるということは、サーフィンが世界的に見てメジャースポーツではないと言っても、当然、プロサーファーの収入もある程度の額に達していると考えられるはず。

そこで今回は、オーストラリアのビジネス誌「BRW」が発表した、オーストラリアのスポーツ界における2014年高所得者トップ50の情報をもとに、プロサーファーの収入事情をお伝えします。

ナンバー1は、NBAで活躍するバスケットボール選手のアンドリュー・ボーガット。収入は1620万ドル(およそ15億円)と桁違いとなっています。続くナンバー2&3はゴルフ選手で、ここまでが1000万ドルオーバーを稼ぐオーストラリアのアスリートとなります(オーストラリアで税金を納めているアスリートのみが対象だと思います)。


スポンサーリンク

メジャースポーツには勝てないので、サーファーの名前を探していくと早くも19位に登場。その人物は、3×ワールドチャンプのミック・ファニングで、270万ドル(およそ2億5千万円)とのこと。スポンサー料以外では、リーフから販売しているシグネチャーモデルのサンダル(靴底に栓抜き付き)の印税もあるそうです。栓抜き付きとは、ビール好きなオージーらしいですね。

ミックに続くオージーサーファー2位の収入を稼ぐのは、30位となったジュリアン・ウィルソンで200万ドル(およそ1億8600万円)。惜しくもジュリアンに敗れたのは、34位のジョエル”パーコ”パーキンソンで180万ドル(およそ1億6700万円)。

両者ともに、主な収入はスポンサー料とのこと。元ワールドチャンプのパーコが、ジュリアンに負けたのは意外でした。ジュリアンは女性人気が抜群なので、広告塔としての価値が高い意味合いもあるのかもしれませんね。

続いては、39位に登場するウイメンズサーファー。ご存知、6×ワールドチャンプのステファニー”ステフ”ギルモアで175万ドル(およそ1億6200万円)。ステフも主にスポンサー料が収入となりますが、興味深いのはスポンサー企業。自動車メーカー「Ford」、ギターメーカー「Cole Clark」、食品メーカー「Sanitarium」といったサーフブランド以外からのサポートが目立ちます。

他に、トップ50に食い込んだサーファーは、41位のタジ・バロウで150万ドル(およそ1億3900万円)。42位にはジョシュ・カーが入り、タジと同額とのことです。

サーフィン界で初めて100万ドル契約を結んだサーファーがトム・キャロルで、1989年のこと。当時と比べると、世界的な景気低迷などといったマイナス要因がありながらも、着実にサーファーが手にする収入は増えているのですね。

ちなみに、ウイメンズサーファーでトップ50に入ったのはステフだけですが、ワールドツアーに参加するウイメンズサーファーについての言及もあります。サリー・フィッツギボンズが125万ドル(およそ1億1600万円)。

2014年シーズンにWCTランク2位となったタイラー・ライト、そしてローラ・エネヴァーは100万ドルにはわずかに満たないとのこと。ただし、タイラーについては、豪スタブ誌によると、16歳の時に5年契約を結んだのが理由とのことで、契約更新となれば跳ね上がるはずとのこと。

こうしてみると、オーストラリアではプロサーファーがしっかりと稼いでいることが分かりますね。もちろん、メジャースポーツには敵いませんが、十分に夢のある額に成長していってると思います。

ただ、その分だけ、オーストラリアでスポンサーを獲得するのは熾烈です。また、今回トップ50に名前を連ねたサーファーは、世界トップクラスという一握りのサーファーということも忘れてはいけませんね。

(注)日本円換算については、記事には豪ドルか米ドルかの記載はなかったのですが、オーストラリア発の記事ということで、豪ドルで計算しています。また、2015/2/18付けの為替での計算となります。

情報ソース

BRW Top 50 Sports Earners list for 2014

Australian female surfers cashing in from wave of big money

THE 2014 STAB WOMEN’S RICH LIST

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事