• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

インドネシアのスンバワ島レイキーピーク出身のオニー・アンワー「Oney Anwar」(21歳)。レイキピークと言えば、昨年のトッププロの動画でも頻繁に登場したワールドクラスのサーフエリアです。

そんなレイキーでサーフして育ったオニーが、メインスポンサーであるリップカールのチームライダーとなったのは、10歳であった2003年のこと。その後、インドネシアの様々なコンテストで優勝を果たし、結果を残していきます。

そのおかげで、リップカールが期待の若手ライダーを集めるエリート育成プログラムに呼ばれ、2007年からオーストラリアQLD(クイーンズランド)州へと生活拠点を移すことになりました。

オーストラリアでもまた、プロジュニアイベントでインドネシア人として初優勝を飾ったりと成長を続け、2013年にはワイルドカードとして、ワールドツアーイベントに2戦出場しています。

今回の動画は、そんなオニーによる地元レイキピークでのフリーサーフ映像となります。オニーの代名詞とも言えるインバート系(エアー中に上下が反転)のエアリバースは、やはり凄いですね。コンテストでも、ハイスコアが付いていますので。

現在、インドネシア人初のワールドツアー入りを目指して奮闘中のオニー。インドネシアの枠を超え、アジア人初とも言えますね。ターンがもっと力強くなれば、夢ではないはず。ぜひとも、頑張って欲しいです。


スポンサーリンク


フリーサーフの関連記事
  • 若手スラブハンターのキップ・キャディ!2017年ハイライト動画
  • リップカール・プロ・ポルトガル最終日に行われていたアナザーセッション@2014
  • ケリーなどチャネルアイランズのライダーによるツアーイベント前のローワーズ
  • 16歳でバックフリップをメイクしたブラジルの若手エアリアルマスター:ヤゴ・ドラ
  • ボルコムライダーのグーフィーフッター3名が行くモルディブ
  • フィリペ・トレドがツインフィンに乗る珍しいフリーサーフ動画@ハワイ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事