• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

昨年2014年シーズンのWQSでは、最後の一枠となるギリギリのランキングでワールドツアー入りを決めたニュージーランド出身のリカルド・クリスティ(Ricardo Christie)。ニュージーランド人サーファーとしては、12年振りのWCTサーファーということです。

今回の動画は、そんなリカルドのシーズン前のフリーサーフ映像をお届けします。サーファーによって、12月にコンテストシーズンを終えた後のオフシーズンの過ごし方は大きく異なります。

リラックスできるホームでトレーニングしたり、グッドウェイブを求めてトリップ三昧となったり。リカルドは、インドネシアへと飛び立ち、今回の映像のよう、フリーサーフしていたそうです。

力の入れどころと抜きどころの上手いリカルドのサーフィン。緩急のあるスタイルで、余裕があるように見えるので個人的には好きです。もちろん、一瞬たりとも力を抜かないフルパワーのアドリアーノ・デ・スーザのサーフィンも好きなんですけど。

なかなか説明するのは難しいのですが、スタイルと言うんですかね。個性的なライダー揃いのルーカ(RVCA)が、リカルドと契約したのも、そんな点に理由があるのかもしれませんね。

リカルドの過去のキャリアなどにも触れた過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ニュージーランドのトップサーファーが行くインドネシア:リカルド・クリスティ

12年振りにニュージーランドからWCT入りを決めたリカルド・クリスティ


スポンサーリンク


 

フリーサーフの関連記事
  • クリエイティブな若きサーファー/シェイパーのライアン・バーチ
  • 2014/2015年シーズンのハワイセッション:イアン・ゴーベイア
  • ジェイミー・オブライエン パイプライン
    シーズン入りしたオアフ島ノースショアのパイプラインから最新バレル動画@2015/11
  • ベサニー・ハミルトンがサーフ・ランチ(ケリーのウェイブプール)でバックサイドバレルの特訓
  • サンタさんのプレゼントよりドキドキ!?メイソン・ホーのクリスマスサーフィン動画
  • ボルコムプロ開催直前に炸裂したパイプラインセッション動画@2017/1/27

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事