現サーフィン界において、おそらく人気ナンバー1であろうジョンジョン・フローレンス。卓越したバレルスキルだけでなく、リラックススタイルから見せる驚異的なトリックが魅力的ですね。

今回の動画は、そんなジョンジョンによる昨シーズンにヨーロピアンレグで撮影されたサーフ映像となります。相変わらず、とんでもないぶっ飛びを見せていて、コンテストだろうがフリーサーフィンだろうが変わらぬスタイルは群を抜いています。

中でも、思わずため息が漏れてしまうライディングが2つ。一つ目は、1:09~からのバレル。完全に出口もなければ、ドギードア(バレルが閉じる時に空いている一瞬の隙間)もなさそうに見えるのに、抜けてきます。

2つ目は、1:23~からのアーリーウープ540。フルローテーション(サーフィンのフルローテーションは、着地の際にノーズが岸側を向いていると360のフルローテーションとなります)以上の回転ですね。

こちらは、すでにアルビー・レイヤーが過去にメイクしています。つまり、ケリーのエアリバース540みたいに初メイクではありません。ただ、他にメイクしたサーファーを見ないので、高難度であることは間違いないですね。

ジョンジョンのお勧め過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

コンテスト+フリーサーフィンのベスト映像:ジョンジョン・フローレンス

2014年パイプマスターズ最終日直前のフリーサーフ:ジョンジョン・フローレンス

ロデオフリップ@パイプライン:ジョンジョン・フローレンス

ぶっ飛びアクション@ハワイ:ジョンジョン・フローレンス


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事