ツアーサーファーが着用するコンテストジャージーの背番号の意味

シェア(記事を気に入ればお願いします)

kelly number 11

コンテストのヒートにおいて、選手が着用するコンテストジャージー。ジャージーを着用する理由は、ジャッジが選手の判別をしやすくするためのアイディアかと思います。

このジャージーですが、ワールドツアーサーファーとなると、自分専用のジャージーがあります。そして、背中にはサーファーの苗字、そして背番号が記されています。

この背番号ですが、昨シーズンまではツアーランキングが記されていたかと思います。しかし、今シーズンからは、選手が自分の好きな番号を選んで良いことになりました。

各選手は、誕生日であったりラッキーナンバーであったりと、お気に入りの数字を選んだそうです。少し例を挙げると、昨年ワールドタイトルを獲得したガブリエル・メディナは、母国ブラジルで最も人気の高いサッカーのエースナンバーである10。

11×ワールドチャンプのケリー・スレーターは、言うまでもなく11。ジョンジョン・フローレンスは、ケリーを追い越したい思いから12。ジュリアン・ウィルソンは、ガールフレンドの誕生日である17といった感じです。

その中で、ヤンチャな番号を選んだサーファーがいます。それは、ツアールーキーのマット・バンティング。アダルトな意味合いのある69を指定したのです。しかし、不適切との判断を下されて却下・・・。

マット本人によると「変な意味合いに受け取られる可能性もあるけど、見方を変えれば、クイックシルバー(マットのメインスポンサー)が誕生したのが69年だよ!」とのこと。結局、マットは生まれた年にあたる94にしたそうです・・・。


スポンサーリンク


各サーファーの選んだ番号は、以下の通りとなります。

・2015年WCTメンズ
2 – Nat Young
3 – Owen Wright
4 – Keanu Asing
5 – Jadson Andre
6 – Wiggoly Dantas
7 – Mick Fanning
8 – Matt Wilkinson
9 – Michel Bourez
10 – Gabriel Medina
11 – Kelly slater
12 – Jonh John Florence
13 – Adriano de Souza
14 – Sebastian Zietz
15 – Italo Ferreira
16 – Kai Otton
15 – Julian Wilson
18 – Ricardo Christie
21 – Adrian Buchan
22 – Kolohe Andino
23 – Jordy Smith
25 – Glen Hall
33 – Bede Durbridge
40 – Jeremy Flores
48 – Bret Simpsons
67 – Adam Melling
77 – Filipe Toledo
81 – Joel Parkinson
84 – Josh Kerr
85 – CJ Hobgood
87 – Dusty Payne
88 – Fred Patacchia
91 – Miguel Pupo
94 – Matt Banting
99 – Taj Burrow

・2015年WCTウイメンズ
2 – Alessa Quizon
4 – Coco Ho
5 – Nikki Van Dijk
6 – Silvana Lima
7 – Lakey Peterson
9 – Tatiana Weston-Webb
10 – Carissa Moore
11 – Courtney Conlogue
13 – Tayler Wright
16 – Malia Manuel
17 – Sage Erickson
22 – Dimity Stoyle
21 – Johanne Defay
27 – Bianca Buitendag
44 – Laura Enever
88 – Stephanie Gilmore
89 – Sally Fitzgibbons

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)