2015年度クイックシルバー&ロキシー・プロ・ゴールドコースト:四日目ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

現地時間3月11日(オーストラリア)、クイックシルバー・プロ・ゴールドコーストのラウンド2が開催されました。波は、サイクロンスウェルが入ることもなく、風波による膝~腰というコンディション。

2015年度クイックシルバー&ロキシー・プロ・ゴールドコースト:トライアル

2015年度クイックシルバー&ロキシー・プロ・ゴールドコースト:初日ハイライト

2015年度クイックシルバー&ロキシー・プロ・ゴールドコースト:二日目ハイライト

2015年度クイックシルバー&ロキシー・プロ・ゴールドコースト:三日目ハイライト

正直、コンテスト期間延長を決定して、この波で開催するの?と言うほど酷いコンディションでした。SNSなどを見ていると、「これまで参加したツアーイベントで最悪なコンディションだった」や「ジュニア時代以降、コンテストでは一番小さいサイズの波だった」と、選手の間でも不満の上がるコンディションでした。

ただ、今回の2日間の期間延長で、海外サーフメディアによる噂話として、WSLは10万ドル費やしたとの報道もあります。そのため、本日開催しなければ、イベントを終了できない状態に追い込まれ、追加コストも無駄になるので、強引にオンにした感じが否めませんね。

ほとんどパワーのなさそうな波にも関わらず、ミック・ファニングやケリー・スレーターといったラウンド1を落としたトップサーファーは、しっかりと勝ち上がりました。

エアー、フィンアウト、リバースといったトリックの得意なサーファーが、こういったコンディションは強いですね。特に、フィリペ・トレドを筆頭にしたブラジリアン。スピードが乗せづらい波でありながら、しっかりとパワーポケットを使うと、こんなにスピードが出るんだと衝撃的でしたね。

公式波予報サイト「サーフライン(Surfline)」の予報を見ると、明日の波は腰~胸、最終日の明後日は最大で頭セットと、期待とは裏腹な予報となっています。このサイズだと、トリックの得意なブラジリアンが活躍しそうな予感がします。

イベント公式サイトは下記リンク先からチェックして見て下さい。

Quiksilver Pro Gold Coast

Roxy Pro Gold Coast


スポンサーリンク