コンクリートの路面で楽しむスケートボードに対し、水上で楽しむウェイクスケート。サーフィンの場合、ブレイクしようとする波のパワーでボードが前方に押し出されて推進力を得ます。

では、ウェイクスケートでは!?一般的なウェイクボードは、ジェットスキーに牽引してもらうことで、ライディングが可能となります。ただ、ジェットスキーの使えない今回のロケーションにおいて、使用したのはウインチ(巻き上げ機)。

ウェイクスケーターの前方に設置されたウインチから伸びるロープを掴み、釣り竿のリール同様、巻き上げて短くなるロープに引っ張られることでスピードを付けてライディングします。ちなみに、波が小さくてパワーが無い時、ウインチを使って遊ぶサーファーがいます。

そんなウェイクスケートのパイオニアであるのが、アメリカ出身のブライアン・グラブ「Brian Grubb」(34歳)。アクションスポーツのエンターテイメント性をサポートするレッドブルのライダーです。

普通にウェイクスケートをしていたら、求められるのはハイレベルなパフォーマンスのみ。しかし、ロケーションによっては、エンターテイメント性を追求した魅せるアクションスポーツとなります。

今回、ブライアンが舞台に選んだのは、米国マサチューセッツ州東端のケープ・コッド。流氷が残るタイミングを見計らってトリップを敢行し、今回のような素晴らしい映像を残したと言います。

気象情報とにらめっこし、虎視眈々と機会を伺う感じは、世界中のスウェルを狙うビッグウェイブサーファーと似た感じもしますね。


スポンサーリンク

 

おかしなスムージー ガリガリ君
タカラトミーアーツ (2014-05-22)
売り上げランキング: 4,055

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事