ヨーロピアンWCTサーファーが訪れたホローブレイクのイーストジャワ:ティアゴ&アリッツ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

サーファーにとって、不動の人気サーフデスティネーションであるインドネシア。13,466もの大小の島から成るインドネシアにおいて、サーファーが最初に目をつけた島がバリ島ですね。

ウルワツやパダンパダンといったワールドクラスのレフトハンダーがブレイクするバリ島ですが、観光地として整備されて行きました。すると、その人気はどこまでも加速し、今ではシーズンになるとメジャースポットでの混雑を避けては通ることができません。

その後、サーファーの触手は他のエリアへと伸び、今ではメンタワイ諸島、ロンボク島、スンバワ島といったエリアも、サーファーにとっては非常に高い人気を誇ります。

そんな中、上記エリアと比べ、比較的、最近になって注目を浴びるようになってきたエリアが、ジャワ島東部のイーストジャワ(East Java)。以前、ケリー・スレーターも訪れてGopro撮影していた場所です。

ケリー・スレーターによるバレルハントinジャワ島

今回の動画は、そんなイーストジャワでのフリーサーフ映像となります。昨年2014年シーズンのツアーイベントの合間に、ヨーロピアンWCTサーファーのティアゴ・ピレスとアリッツ・アランブルが訪れたとのこと。

リップの水量があるので、かなりパワフルなブレイクだと思いますが、バレル狙いのサーフトリップ先としてはバッチリなエリアだと思います。近い将来、インドネシアの新たなメジャーエリアとなるのでしょうね。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)