2015年度ザ・アルティメイト・ウォーターマン:第三種目ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

以前にお伝えしたニュージーランド全土を舞台にして、究極のウォーターマンを決める初イベント「ザ・アルティメイト・ウォーターマン(The Ultimate Waterman)」が開催されました。

8名のウォーターマンが参加し、ショートボード、ロングボード、トウインサーフィン(ジェットスキーにより、牽引してもらって波に乗るスタイル)、SUP(スタンドアップパドル)、SUP耐久レース、ワカ・アマ(アウトリガー・カヌー)耐久レースの6種目の総合ポイントで競う同イベント。

2015年度ザ・アルティメイト・ウォーターマン:第一種目ハイライト

2015年度ザ・アルティメイト・ウォーターマン:第二種目ハイライト

第三種目となったのはSUP。第二種目となったショートボード部門の翌朝、今度はニュージーランドの北島から南島へ移動しての波探しです。飛行機でクイーンズタウンに到着後、贅沢にもヘリコプターを使い、オタゴ半島へ移動。

しかし、狙っていたサーフスポットはフラット・・・。結局、この日はコンテストは開催されず、翌朝に再びヘリコプターで波探しをすることに。すると、パーフェクトなロングウェイブを発見し、SUP部門の開催に至りました。規模がデカすぎですね。

SUPのフォーマットは、4人ヒートを2回行い、各ヒートのトップ2がラウンドアップとなり、決勝が行われるというもの。同部門での優勝候補であったのは、ハワイアンのカイ・レニー。

しかし、決勝の時間になると、潮が上げてきたため、あまり波がブレイクしなくなることに。そんな中、決勝ヒート終了間際、地元ニュージーランド出身のダニエル・ケレオパがグッドウェイブをキャッチし、カイを破る大金星を挙げる結果となりました。

ちなみに、波のない海面でも立って乗ることができるほど浮力のあるSUPですが、そのSUPを、まるでショートボードに乗っているかのように動かして乗りこなすライディングは圧巻です。

第三種目を終えた段階におけるランキングは下記の通りとなります。

1. Kai Lenny (HAW)*, 3120
2. Danny Ching (USA)*, 3083
3. Manoa Drollet (TAH)*, 3083
4. Mark Visser (AUS)*, 2803
5. Georges Cronsteadt (TAH)*, 2723
6. Kala Alexander (HAW)*, 2518
7. Daniel Kereopa (NZL), 2253
8. Connor Baxter (HAW), 1955

2015年度ザ・アルティメイト・ウォーターマン:第四&五種目ハイライト


スポンサーリンク