• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

冬のオアフ島ノースショアでは、コンテスト以外にフリーサーフィンでのパフォーマンスを競うイベントがあります。その内の一つである「Oakley Wave of the Winter」は、波のサイズ、難易度、スタイルといった観点から、一本のベストライディングを競うもの。

今シーズン、同イベントを制したサーファーがジェイミー・オブライエンとなりました。プレゼンターとして親友のカラニ・チャップマンがやって来ると、素の反応を見せるジェイミー(昨シーズンもそうですが、受賞は前もって知らせるのではなくドッキリスタイル)。頭の整理がつくと「今シーズンの選考はどうかしちゃったのか?」と軽口を叩きます。

受賞となったライディングについてジェイミー本人は、テイクオフ後に波を見ると、相当ディープなポジションにいることに気付いたそうです。パイプラインでは、自分でディープ過ぎると感じる時は、大抵メイクできずに潰されると言います。

そこで、バレルの中では、パンプ(アップスーン)してスピードを付けていたとのこと。すると、スピッツ(バレル内で圧縮された空気と水しぶきのミックスが、バレルの出口に向かって吹き出す現象)が何度か吹き付けてきて、まったく何も見えない状態になりながら、バレルを抜けていたと言います。映像を見ると、突風のようなスピッツが吹いているのが分かりますね。

今回の受賞者はジェイミーとなりましたが、ジェイミーとメイソン・ホーのライディングで審議が難航したと言います。しかし、決め手となったはバレルでの滞在時間。結果として、メイソンよりもロングバレルをメイクしたジェイミーの評価が高かったとのこと。

ただ、冬のノースショアでもう一つイベントがあります。それは、ウインターシーズンにおいて、コンスタントに素晴らしいパフォーマンスを見せたサーファーに送られる賞「Clif Bar Overall Performance Award」。こちらは、メイソンが受賞しました。理由は、バックドア・シュートアウトでの優勝、ボルコム・パイプ・プロでの2位という成績が大きいですね。

ちなみに、昨シーズンにおける上記2つのイベントは、ケリー・スレーターが制しています。二冠を達成した初のサーファーという快挙でした。その過去記事については、下記リンク先から参照して見て下さい。

2013/2014年シーズン「Oakley Wave of the Winter」を受賞したケリー・スレーター

今シーズンのジェイミーのお遊び動画は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ザ・ウェッジに続きバックドアでのボードトランスファー:ジェイミー・オブライエン

17フィートのマカハを7名乗車サップスクワッチでチャージ:ジェイミー・オブライエン


スポンサーリンク


イベントの関連記事
  • バリ島パダンパダン開催のビッグウェイブイベント「リップカールカップ@2016」
  • カムチャッカ(ロシア)で開催された2014年度ニクソン・サーフ・チャレンジ
  • 60歳前後のレジェンドが登場の「ヘリテージ・シリーズ」エクスプレッション@トレッスルズ
  • カラニ&タイラーのスポンジボードセッション満載のキャッチサーフ日本ツアー
  • 2017年リップカールカップ@パダンは再延期:最後の希望は8月5日
  • 2018年バックドアシュートアウトで活躍中の大野修聖と松岡慧斗のバレル動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事