メイソン・ホーによる初めてのGoPro撮影映像

シェア(記事を気に入ればお願いします)

先日、リップカールに移籍したばかりのハワイアンサーファーのメイソン・ホー「Mason Ho」(26歳)。コンテストに参加しながらもフリーサーファーのよう、コンスタントにフリーサーフ映像がネット上にアップされています。

しかし、今回の動画は、初めての試みというGoPro映像によるもの。意外な感じですよね。プロサーファーの間では、大いに盛り上がっている撮影手法ですから。やはり、大手ブランドのチームライダーになったという事で、流行りの手法もキャッチアップしようという事なのでしょうか。

初めてのGoPro撮影とは言いながら、十分過ぎるほどの映像を残しているのが印象的です。何度となくチューブライドを繰り返すからこそ、成せる技ですね。

ただ、いつも通りではあるものの、サーフスポットが危険ですね。映像を見ると、インサイドにはドライリーフが見えますし。また、1:01~からのダックダイブ(ドルフィンスルー)映像では、いかに水深のないシャローなスポットなのかも分かります・・・。

バレルライドでは一般的なマウスマウントに加え、1:41~からは自分の表情だけを映したりと、メイソンらしさがにじみ出ていますね。

ちなみに、リップカールライダーとなったメイソンは、初の大仕事として、4月1日からウェイティングピリオドがスタートするWCT第二戦「リップカール・プロ・ベルズビーチ」へのワイルドカード出場が決定。

アメリカ以外の初海外がオーストラリアだったというメイソンは、2005年、ベルズビーチで開催されたリップカール・グロムサーチで優勝しているので思い出深い場所。

ワイルドカード出場なので、いきなりガブリエル・メディナorミック・ファニングのヒートに振り分けられるのですが、番狂わせを起こすのか楽しみなところですね。

メイソンの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

リップカールからのウェルカム動画:メイソン・ホー

コルク&カーボン素材ボードでフリーサーフ:メイソン・ホー

2014年12月に撮影されたメイソン・ホーのフリーサーフ映像

メイヘムのV2モデルに乗るメイソン・ホー


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)