オーストラリアで定番と言えばロードトリップ。定年後のオージー夫婦が、キャンピングカーで国内一周トリップなどもよく耳にしますね。もちろん、若手サーファーにとっても当たり前のトリップスタイル。

今回の動画は、フットウェアブランド「カスタム(Kustom)」のチームライダーが、QLD(クイーンズランド)州ゴールドコーストのクーランガッタから、南のシドニーへとロードトリップした際の動画をお届けします。

出演しているサーファーは、ジェイ・デイヴィス(Jay Davies)、リカルド・クリスティ(Ricardo Christie)、ブレント・ドリントン(Brent Dorrington)、ボー・フォスター(Beau Foster)、イモージェン・コールドウェル(Imogen Caldwell)の5名。

このメンバーの中で、リカルドが唯一のワールドツアーサーファー。ただ、圧倒的に印象に残るサーフィンを見せているのはジェイかと思います。

3:10~から映るジェイを見れば分かると思いますが、大柄な上にゴツい体格のジェイ。パワフルさに加え、しなやかなターンから飛ば出すスプレーの量は半端じゃないです。

また、ターンだけでなく、エアーのレパートリーも豊富。この映像だけ見ると、フリーサーファーではあるものの、ワールドツアーサーファーのリカルドより、明らかにキレたサーフィンを見せています。

前半のセッションでは、ジェイとリカルドのライディングシーンが多く使われているので、その差がはっきりと分かるかと思います。こういったトップレベルのフリーサーファーだけを集めたゆるいイベントを、ワールドツアーとは別に年に一回でも行えば面白いのにな~と思っちゃいます。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事