リップカールプロ前のジム&フリーサーフセッション:サリー・フィッツギボンズ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

2010~2012年の3年連続でワールドツアーランキング2位の結果を残しているロキシーライダーのサリー・フィッツギボンズ「Sally Fitzgibbons」(24歳)。ワールドチャンプに輝いても不思議ではないサリーですが、ステファニー・ギルモアとカリッサ・ムーアに阻まれています。

そんなサリーは、非常にストイックなアスリートとして知られています。自分を追い込むのが好きなのでしょうね。毎年、一回は何かしらにチャレンジするというサリーは、一昨年は過去記事のよう、真冬のカナダでコールドウォーターサーフにトライしています。去年の年末には、シドニーからホバート(タスマニア)へボートでの航海にチャレンジ。

今回の動画は、そんなサリーがワールドツアー第二戦「リップカール・プロ・ベルズビーチ」の開催前にトレーニングに励む映像となります。

ツアー初戦のロキシープロでは、サリーにしては珍しく9位という成績に終わりました。最近のウイメンズのコンテストシーンは、ステファニー、カリッサ、サリー、タイラー・ライトが4強として席巻していました。

しかし、今シーズンからは過去にツアーランク2位となっているブラジリアンのシルヴァナ・リマが、怪我から復帰して、ツアーに返り咲いたためですね。実際、ロキシープロでサリーを破ったのは、シルヴァナでしたので。

そのため、何とかベルズビーチから再びリズムに乗りたいと思っているはずのサリー。映像では、エアー気味のアプローチにも取り組むフリーサーフのみならず、ジムでのトレーニング風景も映っていて、とても興味深い内容となっています。

サリーの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

2014年度ワールドツアー最終戦を控えたサリー・フィッツギボンズのフリーサーフ

モルディブでバックサイドサーフィンを見せるサリー・フィッツギボンズ


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)