2015年度WCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」予告編

シェア(記事を気に入ればお願いします)

2015年4月15~26日にウェイティングピリオドが設定されている2015年度WCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ(Drug Aware Margaret River Pro)」。

メンズ&ウイメンズの同時開催となる同イベントは、ゴールドコーストにベルズビーチと開催されてきたオーストラリアンレグ最後のイベントとなります。

会場となるのは、オーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州のマーガレットリバー。インド洋を移動してきた大型低気圧の影響で、ワイルドなビッグスウェルが入る事で有名なサーフエリアです。

WA州の州都パースから300キロ近く南に位置するマーガレットリバーは、パースから車で3時間ほど。サーフィン以外では、ワイナリーも有名なので、観光客も足を伸ばすエリアです。

マーガレットリバーという町自体には、いくつもサーフスポットがあります。その中で、メイン会場となるのはサーファーズポイント(Surfer’s Point)。サーファーズポイントは、メインブレイク(Main Break)とも呼ばれます。もう一つ注目のスポットは、底ボレするスラブがブレイクするザ・ボックス(The Box)。

昨年の同イベントでは、一部のヒートのみ、ザ・ボックスで開催されました。ちなみに、ザ・ボックスでコンテストが開催されたのは、初めての試みだったそうです。

そろそろ開催が迫って来ているので、盛り上がっているのが波予報。ウェイティングピリオド初日から、ソリッドスウェルが入る予報となっているのです。予想サイズは12~15フィートで、トリプルオーバーヘッド~5×オーバーヘッドほどとのこと。

ヒュージコンディションになると、これまでの2戦とは異なるサーファーが活躍すると思うので、予報通りにビッグスウェルが到来してほしいですね。

最後に、昨年の優勝者は、メンズがミシェル・ボウレズ、ウイメンズがカリッサ・ムーアでした。

昨年の同イベント過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

*2014年度ASPワールドツアー第二戦ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ
初日ハイライト
二日目ハイライト
三日目ハイライト
四日目ハイライト
五日目ハイライト
最終日ハイライト


スポンサーリンク