2015年度WSLビッグウェイブアワードのノミネート映像5

シェア(記事を気に入ればお願いします)

前回までに引き続き、第五弾の今回。今回がラストとなります。フィーチャーする部門は、「Tube Award」と「Wipeout Award」になります。ビッグウェイブアワードの内容については、今シリーズの第一弾に記載しているので、参照して見て下さい。

2015年度WSLビッグウェイブアワードのノミネート映像1

2015年度WSLビッグウェイブアワードのノミネート映像2

2015年度WSLビッグウェイブアワードのノミネート映像3

2015年度WSLビッグウェイブアワードのノミネート映像4

「Tube Award」は、その名の通り、一本のベストチューブで競う部門。ただ、他の部門と異なり、映像ではなく写真での判定となります。受賞者への賞金は5千ドル、撮影者へは2千ドルとなっています。ノミネート写真は、下記リンク先からチェックして見て下さい。

ノミネート作品

ミック・コルベット/カウ・ボミー(オーストラリアWA州)
マタヒ・ドローレ/チョープー(タヒチ)
ディーン・モリソン/ザ・ライト(オーストラリアWA州)
ブラッド・ノリス/ザ・ライト(オーストラリアWA州)
クリス・ロス/ザ・ライト(オーストラリアWA州)

ラストの部門は、笑い声混じりに盛り上がる「Wipeout Award」。最も派手なワイプアウトに送られる賞ですね。賞金は、受賞サーファーに2千ドル、撮影者に千ドルとなります。

ちなみに、「XXL Biggest Wave Award」で、ギネス記録を超えるビッグウェイブに乗ったベンジャミン・サンチスのライディングが選出されていないと以前に記しましたが、ワイプアウト部門に選出されていました。


スポンサーリンク


・ベンジャミン・サンチス/ナザレ(ポルトガル)

・マルシオ・フレイレ/ジョーズ(マウイ島)

・ビリー・ケンパー/プエルト・エスコンディード(メキシコ)

・ジェイミー・ミッチェル&チャップマン・マーフィー/マーヴェリックス(カリフォルニア)

・スコット・デニス/不明(オーストラリア)


同イベントの昨年のノミネート映像および授賞式の過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

2014年度ビラボンXXLグローバル・ビッグウェイブ・アワードのノミネート映像1

2014年度ビラボンXXLグローバル・ビッグウェイブ・アワードのノミネート映像2

2014年度ビラボンXXLグローバル・ビッグウェイブ・アワードのノミネート映像3

2014年度ビラボンXXLグローバル・ビッグウェイブ・アワードの結果

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)