現地時間4月17日(オーストラリア)、WSLワールドツアー第三戦ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ(Drug Aware Margaret River Pro)メンズのラウンド3、そしてメンズの開催後にウイメンズのラウンド1が開催されました。

2015年度ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:初日ハイライト

2015年度ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:二日目ハイライト

2015年度ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:三日目ハイライト~Women's編~

本日は、メンズのヒート1~8までがザ・ボックス、その後はウイメンズも含めてメインブレイク(サーファーズポイントとも呼ばれています)で開催。サイズは、ザ・ボックスで最大ダブルオーバー、メインブレイクで最大トリプルオーバーと昨日と同じですが、少し落ち着いた感じでした。

メンズのヒート1は、ジェレミー・フローレスvsジョーディ・スミスとなっていましたが、ジョーディが棄権の結果に。昨日も報じられていましたが、フリーサーフィン中に踵をカットし、5針の怪我を負っての事でした。

ザ・ボックスでの番狂わせは、3×ワールドチャンプのミック・ファニングが、ワイルドカード出場のジェイ・デイヴィスに敗退。ただ、当ブログで「ジェイ・デイヴィス」と検索して頂ければ過去記事が見れますが、ジェイはフリーサーファーではありながら、トップシードのツアーサーファーとレベルは変わりません。そのため、コンテストの経験値は少ないのですが、そこまで番狂わせといった印象はありませんでした。

個人的に最も楽しみだった本日のヒートは、ケリー・スレーターのヒート12。以前に、トリプルオーバーヘッドほどのオープンフェイスでのケリーのサーフ映像を見て、レベルが桁違いと思っていたので、ザ・ボックスではなく、メインブレイクでのヒートには注目していました。

やはり、ビッグサイズのオープンフェイスでのケリーはレベルが違いました。何が違うと言うと、トップとボトムでのドライブ。つまり、サーフィンの基本であるレールワークです。

大抵のサーファーは、波のフェイスにバンプ(コブ)があるせいか、何らかの理由があるのか分かりませんが、ビッグサイズだとレールのリリースが早く、波のトップに到達する前に失速し始めるので、しっかりとトップに上がり切る前にトップターンを入れてしまいます。

しかし、ケリーのボトムターンは完璧に計算され、ハイスピードのままトップに到達し、その直後のトップターンも広大なオープンフェイスでパワーポケットに戻るほど、これでもかとレールを入れ続けるのです。

あのサーフィンをしてしまうと、一部のトップサーファー以外とのヒートでは、ジュニアvs大人といった位の違いを感じてしまいます。実際、ケリーは、今イベントにおける二本目となるパーフェクト10、それに9.5ポイントを叩き出しました。ケリー劇場ですね。

今後の波予報は、明日が再びのサイズアップ。波のフェイスで最大25フィートほどまで上がるということで、4×オーバーヘッドといったところでしょうか。その後は、徐々にサイズダウン傾向とのことです。

明日は、風向きもオフショアということで、おそらくメンズのみが開催されるのではないでしょうか。エクストリームコンディションのカムバックということで、時間のある方はライブをチェックして見て下さい。

公式サイト「Drug Aware Margaret River Pro」

本日の結果
・ラウンド3
Heat 1: Jordy Smith (ZAF) vs. Jeremy Flores (FRA) *Heat did not surf
Heat 2: Michel Bourez (PYF) 15.23 def. Kai Otton (AUS) 10.94
Heat 3: John John Florence (HAW) 15.20 def. Adam Melling (AUS) 6.10
Heat 4: Sebastian Zietz (HAW) 14.30 def. Joel Parkinson (AUS) 7.50
Heat 5: Nat Young (USA) 13.50 def. Miguel Pupo (BRA) 12.37
Heat 6: Jay Davies (AUS) 16.83 vs. Mick Fanning (AUS) 13.90
Heat 7: Adriano de Souza (BRA) 9.60 def. Ricardo Christie (NZL) 4.37
Heat 8: Julian Wilson (AUS) 7.50 def. Adrian Buchan (AUS) 6.77
Heat 9: Taj Burrow (AUS) 15.16 def. Freddy Patacchia Jr. (HAW) 15.04
Heat 10: Josh Kerr (AUS) 14.50 def. Italo Ferreira (BRA) 13.66
Heat 11: Owen Wright (AUS) 16.33 def. Jadson Andre (BRA) 12.50
Heat 12: Kelly Slater (USA) 19.50 def. Glenn Hall (IRL) 11.03

2015年度ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:四日目ハイライト

2015年度ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:五日目ハイライト

2015年度ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:六日目ハイライト

ハイライト

ワイプアウト特集(ザ・ボックス)


スポンサーリンク

パーフェクト10byケリー・スレーター

9.5ポイントbyケリー・スレーター

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事