2015年度ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:六日目ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

現地時間4月22日(オーストラリア)、WSLワールドツアー第三戦ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ(Drug Aware Margaret River Pro)ウイメンズが終了しました。優勝したのはコートニー・コンローグ。

2015年度ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:初日ハイライト

2015年度ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:二日目ハイライト

2015年度ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:三日目ハイライト~Men’s編~

2015年度ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:三日目ハイライト~Women’s編~

2015年度ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:四日目ハイライト

2015年度ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:五日目ハイライト

当初の予報では、本日ビッグスウェルが再び入り、セミファイナリストが決定しているメンズの開催が濃厚となっていました。しかし、スウェルの到来が少し遅れ、明日になりそうとのことでウイメンズの最終日開催となりました。

とは言え、波のサイズは朝の早い時間帯こそ、それほどのサイズとは思えませんでしたが、徐々にサイズアップ。ヒートが進む内に、ダブルオーバーヘッドほどのサイズとなり、これ以上ないコンディションだったと思います。

クオーターファイナルからスタートした本日。ウイメンズのセミファイナルと言えば、大抵のイベントで目にするのは、ステファニー・ギルモア、カリッサ・ムーア、サリー・フィッツギボンズ、タイラー・ライトの4名。

しかし、今イベントではステファニーが怪我ですでに棄権。さらには、クオーターファイナルでタイラーが敗退したことで、いつもの4名の内、セミファイナルに進んだのはカリッサとサリーのみ。

そのため、セミファイナルのカリッサとサリーが対戦したヒート1こそが、実質のファイナルと考えた方も多かったと思います。同ヒートでは、ミドルスコアしか出せなかったサリーに対し、カリッサが9.33ポイントをマークして勝利。

その結果により、今シーズン、三戦目の今イベントまで、カリッサはすべてのイベントでファイナル進出を果たした事になりました。また、昨シーズンの最終戦では優勝しているので、ツアーイベントとしては4戦連続ファイナリストという事になりますね。

一方、セミファイナルのヒート2では、コートニーが今イベントでは、メインブレイクでウイメンズ初となるチューブライドをメイクしたりと好調でした。

リズムに乗っていたコートニーは、ファイナルでもしっかりと8ポイント台を二本揃え、8ポイント台を一本しか出せなかったカリッサを抑えて優勝を果たしました。

コートニーにとってツアーイベント初優勝ではないのですが、今回のようにビッグサーフでの優勝は、大きな自信となったのではないでしょうか。ちなみに、今回の優勝により、ツアーランクも2位に上がりました。

イベントの詳細については、下記リンク先の公式サイトからチェックして見て下さい。

公式サイト「Drug Aware Margaret River Pro」

本日の結果
・ファイナル
1st Courtney Conlogue (USA) 16.93
2nd Carissa Moore (HAW) 13.13

・セミファイナル
Heat 1: Carissa Moore (HAW) 14.73, Sally Fitzgibbons (AUS) 14.27
Heat 2: Courtney Conlogue (USA) 17.53, Malia Manuel (HAW) 15.87

・クオーターファイナル
Heat 1: Sally Fitzgibbons (AUS) 13.84, Lakey Peterson (USA) 8.73
Heat 2: Carissa Moore (HAW) 17.37, Tatiana Weston-Webb (HAW) 9.07
Heat 3: Malia Manuel (HAW) 15.40, Bianca Buitendag (ZAF) 14.80
Heat 4: Courtney Conlogue (USA) 15.70, Tyler Wright (AUS) 12.96


スポンサーリンク


ハイライト

チューブライドbyコートニー・コンローグ

9.33ポイントbyカリッサ・ムーア