• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

今シーズンのツアーイベント初戦と第二戦の鬱憤を払うかのよう、ウェイティングピリオド初日からヒュージスウェルが炸裂する事となったマーガレットリバーでのツアーイベント第三戦。

ザ・ボックスでのヘビースラブに、メインブレイクでのオープンフェイスと見所たっぷりなヒートが繰り広げられました。しかし、すべてうまく行くわけではないのが世の中の常。

ザ・ボックス同様、バックアップ会場に狙っていたものの、使用することができなかったマーガレットリバー北部のノースポイントが大炸裂したのです。ヒートのない時には、ケリー・スレーターなども訪れてセッションしていたほど。

今回の動画は、そんなノースポイントで繰り広げられたスーパーセッションの中で、ローカルの二人が見せた珠玉のライディング映像2本となります。その二人とは、ジェイ・デイヴィスとジャック・ロビンソン。

この二人、同イベントのトライアルに出場し、ジェイが優勝してイベントへのワイルドカード出場を決め、ジャックは準優勝という結果でした。

気になるライディングは、最初に登場するジャックが、一本の波で二回のチューブライドを決めるダブルバレル。続いて登場となるジェイは、とんでもなくディープなロングバレル。甲乙付けがたいほどのライディングですね。

ちなみに、このセッションは、イベントのウェイティングピリオド初日に撮影されたもの。つまり、ジェイは自分のヒート終了後、コンテスト会場に終日残るのではなく、ノースポイントでのサーフを選んだことになります。

これまでに紹介したノースポイントでの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

バックアップ会場候補となっていたノースポイントでのスーパーセッション:ケリーなど


スポンサーリンク


フリーサーフの関連記事
  • クラシックブレイクのリンコンでフリーサーフするコロヘ・アンディーノ
  • ミゲル・トゥデラ
    南米ペルー出身ミゲル・トゥデラによる2015年のフリーサーフ動画
  • 五十嵐カノア
    五十嵐カノアのWCTヒート初勝利後のインタビュー記事&フリーサーフ動画
  • インドネシアを彷彿させるマウイ島のパーフェクトバレル
  • ケリー・スレーターの昨日のフリーサーフ動画と2016年ポルトガルイベント最新波予報
  • 若きビッグウェイブサーファーのチャージ:ライリー・レイン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
エンターテイメント
昨シーズンのワールドツアーにおいて、ツアールーキーの中で最も活躍したサーファーに送られる「Rookie of the Year」を受賞したサ...