ドロップインだけでも勘弁してほしいのに・・・

シェア(記事を気に入ればお願いします)

サーフィンではルール違反となるドロップイン(前乗り)。コンテストを除き、波に乗る優先権は、波がブレイクし始めるピークに近いサーファーにあります。

とは言え、確信犯でドロップインしてくるサーファーもいるのは事実。ピークにサーファーがいるのに、相手の力量を図るようにドロップインして、相手がしっかりとテイクオフをメイクしたのを確認後、キックアウト(プルアウト)するサーファーもいますね。

今回の動画は、ドロップインしたサーファーが、キックアウトした後に発生したアクシデント映像となります。キックアウトしたのに何で?と思われるでしょう。

実はドロップインしたサーファー、キックアウトしたにも関わらず、しっかりとボードコントロールができていなかったのです。しかも、リーシュコードを付けていませんでした。

ドロップインされたサーファーは、気持よくボトムターンから波のトップでスナップと思いきや・・・。確実にボードコントロールできるプロ以外、ノーリーシュはマナー違反ですね。海では、しっかりとマナーを守りましょう。

ドロップインに関する過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ドロップイン(前乗り)への対処法!?

アクロバティックなドロップイン(前乗り)への対処法!?

許されるドロップイン&許されざるドロップイン

サーフィンコンテスト中にドロップイン!?その正体とは・・・


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)