• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

サーフィンではルール違反となるドロップイン(前乗り)。コンテストを除き、波に乗る優先権は、波がブレイクし始めるピークに近いサーファーにあります。

とは言え、確信犯でドロップインしてくるサーファーもいるのは事実。ピークにサーファーがいるのに、相手の力量を図るようにドロップインして、相手がしっかりとテイクオフをメイクしたのを確認後、キックアウト(プルアウト)するサーファーもいますね。

今回の動画は、ドロップインしたサーファーが、キックアウトした後に発生したアクシデント映像となります。キックアウトしたのに何で?と思われるでしょう。

実はドロップインしたサーファー、キックアウトしたにも関わらず、しっかりとボードコントロールができていなかったのです。しかも、リーシュコードを付けていませんでした。

ドロップインされたサーファーは、気持よくボトムターンから波のトップでスナップと思いきや・・・。確実にボードコントロールできるプロ以外、ノーリーシュはマナー違反ですね。海では、しっかりとマナーを守りましょう。

ドロップインに関する過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ドロップイン(前乗り)への対処法!?

アクロバティックなドロップイン(前乗り)への対処法!?

許されるドロップイン&許されざるドロップイン

サーフィンコンテスト中にドロップイン!?その正体とは・・・


スポンサーリンク


  • リーシュコードを使ったサーファー流バンジージャンプ?:マッド・ヒューイズ
  • ツアーノートbyハーレー:ワイルドカードのニック・ヴォン・ラップ
  • シェーン・ベッシェンが親子で楽しむミュンヘン空港@ドイツのフローライダー
  • ケリー・スレーターのVR動画@南太平洋!ケリーのライディングを細かくチェック
  • アクセル・アイアンズ7歳の誕生日!JOBによるノースショアの遊びを堪能
  • ジェイミー・オブライエンによるGoPro撮影特集

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事