2003年、地元カウアイ島でサーフィン中に発生したシャークアタックで片腕を失ったベサニー・ハミルトン「Bethany Hamilton」(25歳)。しかし、片腕でサーフィンに復帰し、両腕の時以上に進化しているのは、これまでの過去記事で示している通りです。

今回の動画は、そんなベサニーによるチョープー(タヒチ)でのチャージ映像となります。妊娠発表の記事の際にもチョープーでのセッションについては触れているため、おそらく、妊娠してから訪れた際の映像かと思います。


スポンサーリンク

チョープーのように底ボレするスラブでは、波がブレイクする瞬間に一気にリップがめくれ上がるため、パドルのスピードが重要となります。そのため、片腕というハンデを抱え、常にレイトドロップを強いられるベサニーが、自力となるパドルインでチャージすると、0:10~のようにワイプアウトしてしまいます。

そこで、その後の映像では波に乗っているポジションを見る限り、ジェットスキーに牽引してもらうトウインサーフをしていると思います。トウインであれば、波が切り立つ前から乗れますから、ベサニーでもチャージすることができますね。

ただ、トウインだからと言って、簡単なチャージではありません。バレルを狙うということは、波が最もパワフルなセクションに身を投じるわけなので、ワイプアウトしてしまえば、地獄のワイプアウトが待ち受けていますので。

ウイメンズでは、チョープーにチャージするサーファーは少ないのですが、ハンデを背負いながらも、通常のプロサーファー以上のチャレンジを繰り返すベサニーからは、いつもながらインスパイアされてしまいます。

(注)動画は下記写真をクリックして動画元からチェック
Bethany Hamilton Teahupoo

ベサニーの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

シャークアタックから早12年 妊娠発表したベサニー・ハミルトン

バリ島ウルワツ&スンバワ島でフリーサーフするベサニー・ハミルトン

ベサニー・ハミルトンがどのようにサーフしているのか徹底解剖

2014年度ウイメンズ・パイプライン・プロを制したベサニー・ハミルトン

進化し続けるベサニー・ハミルトン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事