• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

新たなスタイルのサーフブランドとして、独自のスタンスを取るクロージングブランド「Vissla(ヴィスラ)」。そんなヴィスラを代表するサーファーのデリック・ディズニーとブライス・ヤング。

今回の動画は、そんなデリックとブライスによるコスタリカでのフリーサーフ映像となります。オルタナティブ系が好きなサーファーにとっては、見逃せない動画ですね。


スポンサーリンク



オルタナティブが流行するようになってから、サーファーの間でソウルアーチなどをするサーファーが増えたように感じます。ただ、格好を真似するだけのスタイルが多いようにも感じます。

個人的な意見とはなりますが、デリックとブライスは、ソウルアーチなどの過去のスタイルも取り入れながら、完全に自分のものにしている点に魅力があります。

そして、チームライダーを、クリエイターやイノベイターと称するヴィスラ。まさに、ヴィスラの企業理念を体現している二人であり、これほどスポンサーとライダーのイメージが重なる事ってレアだと思います。

というのも、例えば、ワールドツアーサーファーであれば、クイックシルバー、ビラボン、リップカールといった大手ブランドのどこがスポンサーに付いていても、それほど違和感はありません。あくまでも、ブランドのイメージ戦略で、ライダーに色付けをしている感じがしますので。

しかし、デリックとブライスについては、ヴィスラがスポンサーと聞けばやっぱりといった感じで、スポンサーとライダーの方向性がシンクロしているというイメージを受けます。これこそ、スポンサーとライダーの新たな在り方なのかなと感じずにはいられません。

デリック・ディズニーとブライス・ヤングの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

マルチサーファーのブライス・ヤングをフィーチャーしたサーフムービー「Gathering Dust」

運送用コンテナをシェイピングルームへとアップサイクル

ヴィスラライダーによるオーストラリア&ニュージーランドトリップ

シーズン中のハワイでもマウイ島を選択したヴィスラのサーフトリップ

ニカラグアに向かったヴィスラライダー:デリック&ブライス&カム

驚異的なアライアでのサーフ映像:ブライス・ヤング

フリーサーフの関連記事
  • バイロン・べイでの日常的なローカルセッション
  • 夏のカリフォルニアでフリーサーフ:トリー・メイスター
  • 現在ホリデー中のミック・ファニング!フィジーとゴールドコーストでのフリーサーフ動画
  • 久しぶりに帰ってきたホームでのフリーセッション:ヤディン・ニコル
  • スロースタートな今夏のカリフォルニアでフリーサーフ:ニック・ローザ
  • AFENDSからのウェルカム動画:ギャレット・パークス

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
サーフトリップ
世界最長レフトがブレイクすると言われるチカマを筆頭に、ロングレフトの宝庫である南米ペルー。今回のケパは、世界最古のサーフボードにまつわるスト...