• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

5月11日からウェイティングピリオドのスタートしたWCTイベント第四戦「オイ・リオ・プロ」。会場となるのは、リオデジャネイロに位置するバーハ・ダ・チジュカ(Barra da Tijuca)。

今回の動画は、会場となるサーフスポットは、どのような波がブレイクしているのかを説明してくれる映像となります。担当しているのは、ブラジリアンツアーサーファーのミゲル・プポ。


スポンサーリンク


大都市に位置するバーハ・ダ・チジュカはビーチブレイク。つまり、ボトム(海底)がサンド(砂)となっています。リーフブレイクやポイントブレイクと異なり、簡単に流れるサンドであるため、地形は変わりやすく、至るところで波がブレイクするとのこと。

このようなサーフスポットの事を、サーフィン用語ではピーキー(peaky)と表現します。ピーキーとは、テイクオフする場所となるピークから派生した言葉で、色んなところにピークがあるという意味。つまり、波がブレイクするポジションが安定していないので、ポジショニングが重要となります。

波はブレイクが早く、素早くターンして繋いでいくか、一発技狙いのショートライドとのこと。大きな問題となるのは風向き。なかなかオフショアとなることがない上、風向きは変わりやすいので、どんなコンディションとなっても対応できる柔軟性が必要だそうです。

一言で言ってしまえば、一般的なビーチブレイクということですね。何度もターンを入れることは難しく、一発技勝負ということで、エアーの得意なサーファーが有利になることでしょう。

  • アラナ・ブランチャード/サーファーガール シーズン1:エピソード1
  • ツアーノートbyハーレー:USオープン
  • Who is JOB 4.0:エピソード6
  • マウイ島ジョーズの斜面をスキーで滑走!スタントマンによるクレイジーな挑戦
  • リーシュコードを使ったサーファー流バンジージャンプ?:マッド・ヒューイズ
  • アラナ・ブランチャード/サーファーガール シーズン2:エピソード9

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事