• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

先日お届けしたオーストラリアTAS(タスマニア)州でブレイクするライトのロングウェイブ。ただし、その際は、波のサイズが膝サイズということでした。

1分以上もライド可能なタスマニアのロングウェイブ

正直、膝程度といったスモールサイズだと、さすがに一分以上ものライディングは少ないにせよ、かなりのロングウェイブ映像を見ることはあります。ならば、サイズが上がったらどうなるのか?

今回の動画は、先日と同じサーフスポットにおいて、バレルコンディションとなった際の映像となります。サイズアップするとブレイクが変わることはよくありますが、このスポットは異なりました。


スポンサーリンク


一本の波で、バレルになるセクションがいくつもある上、波は30秒以上もブレイク。やはり、とんでもない地形をしています。

ただし、波はかなりのショアブレイク。バレルを巻くほどなのでパワーは十分にあるはず。となると、ワイプアウトしたらリーフに激しく叩き付けられそうで怖ろしいです・・・。素晴らしいブレイクなんですけど、腕に自信がある方のみ、トライできるスポットですね。

ちなみに、今回の映像もまた、前回に引き続き、タスマニア出身フォトグラファーのスチュ・ギブソンによるドローン撮影です。

  • Who is JOB 4.0:エピソード1
  • ブルース・アイアンズ サーフボード ボトム
    元パイプマスター2名が思いを込めて入れたボードスプレー
  • ジャイアントサイズのショアブレイク!ハワイの危険な遊び
  • サーフフィルム「Under An Arctic Sky」の援助ではなく対等なクラウドファンディング
  • とにかく笑えるボードスポーツのハプニング映像
  • モルディブでジェイミー・オブライエンがボードトランスファーの極意を伝授

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
廃棄物から生まれるハンドプレーン
グッズ
初めてサーフィンするなら、ショートボードよりもロングボードを使った方が、浮力があるので簡単にボードに立て、波に乗る楽しさを早く味わえます。体...