• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

アメリカでサーフトリップと言えば、西海岸でのロードトリップをイメージする人も多いはず。カリフォルニア州の北はサンフランシスコから、南のサンディエゴまで車でロードトリップするなんて、憧れのスタイルですね。

このロードトリップでは、西海岸の南北に沿って縦断する国道「ルート101」を移動することになります。そして、ルート101はカリフォルニア州のみを走るのではなく、さらに北のオレゴン州からワシントン州へと繋がっています。

今回の動画は、そんなルート101を北から南へとロードトリップした映像となります。登場するサーファーは、カリフォルニアを拠点にするディロン・ペリロ&ヤディン・ニコルの二人。


スポンサーリンク


スミス・オプティックス(Smith Optics)のライダーである二人は、同スポンサーが新たに居を構えたオレゴン州ポートランドから、ホームであるカリフォルニアへのロードトリップを敢行したとのこと。

移動距離は、およそ1,600マイル(2574キロほど)。およそ日本の本州縦断くらいの距離となるので、相当な距離であることが分かりますね・・・。

サーフシーンでの二人の見分け方は、メインスポンサーのステッカーが貼られたサーフボードのノーズエリアをチェックして見て下さい。ヤディンがハーレー、ディロンがリップカールです。

フリーサーフの関連記事
  • 突如として覚醒したオアフ島ノースショアのパイプライン@2014
  • 北カリフォルニアサーファーの血統を継ぐオースティン・スミス・フォードのフリーサーフ
  • ビッグウェイブやビッグネーム!タロン・クレモーが撮影してきたワールドベストサーファー
  • 3年振りにモンスタースウェル到来の可能性が高まるビラボン・プロ・タヒチ
  • 中米ニカラグアで小波チューブセッション:クレイ・マルゾ
  • タイラー・ライト
    ヘビーウェイブに強いタイラー・ライトの安定感抜群なバレルセッション@2016/6

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事