歴史的スウェルを狙ったハワイアンサーファーのメキシコトリップ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

南カリフォルニアで開催された2015年度ビッグウェイブアワードの2日後となる2015年5月3日、メキシコで猛威を振るった歴史的モンスタースウェル。メキシカンパイプラインと呼ばれるプエルト・エスコンディードでは、過去最大スウェルが押し寄せたとも言われましたね。

プエルトにヒットしたモンスタースウェルセッション@2015年5月3~4日

今回の動画は、そんなビッグスウェルを求め、コア・ロスマン、コア・スミス、ビリー・ケンパーという3名のハワイアンサーファーが、メキシコへ飛んだ際の映像となります。


スポンサーリンク


3名がメキシコに訪れたという事で、当然ながら、狙った場所はプエルトと思いがちですが、実は異なります。訪れた地は、プエルトの位置するオアハカ州の北西にあるコリマ州のパスクアレス。こちらもプエルト同様にビーチブレイク。

当初、8~10フィートのバレルを予想してのトリップだったのに、サイズは20~30フィートあったそう。パドルインが主流となっている現在ですが、さすがにそこまでのビッグサイズに加え、どこで波がブレイクするか分からないビーチブレイクともなれば、トウインサーフ(ジェットスキーで牽引してもらって波に乗るスタイル)を選ばざるをえなかったそうです。

ただ、ジェットスキーを使ったと言っても結構な地獄です。何とかワイプアウトせず、一本の波を乗り切ったとしても、その裏にさらなるビッグセットが入っていれば、喰らう結果になったそうので・・・。

完全に、一般サーファーのサーフィンとは別物ですね。それでも、しっかりとライディング映像を残すだけでなく、「もう一本セットを喰らったら本当にヤバかったね」と言いながらも、サバイバルしてみせるのですから圧巻です。