昨年2014年に初開催となったビッグウェイブイベント「レッドブル・ケープ・フィア」。南半球のオーストラリアを舞台にするイベントとあり、サーフシーズンに入った現在は、すでに今シーズンのウェイティングピリオドに入っています。

2015年度「レッドブル・ケープ・フィア」のフォーマットと招待選手

今回の動画は、同イベントの会場となるケープ・フィア(別名:アワーズ)に、今冬のファーストスウェルが入ったとの事で、その際のフリーサーフ映像となります。


スポンサーリンク

セッションに参加しているのは、同イベントのマスターマインドであるマーク・マシューズ、ローカルのリッチー・ヴァキュリク、同イベントに出場するゴールドコースト出身のライアン・ヒップウッド。

今シーズン初のスウェルとあり、冒頭のシーンでは、日の出前から海に入っているのが印象的です。サーファーであれば、プロであろうがアマチュアであろうが、期待のスウェルが入った時の興奮は同じですね。

波のサイズはダブルオーバーヘッドほどだったそうですが、正直、良く分かりません。通常の波であれば、たいてい波のピークが一番サイズがありますが、スラブ(チョープーのように底ボレするバレル)の場合、波がめくれ上がった時の方が大きく見えますので。

今回のスウェルでは、イベント開催に至らなかったので、狙うはトリプルオーバーヘッド以上のサイズなのかと思います。果たして、そこまでサイズアップしたら、どのようなブレイクを見せてくれるのか楽しみです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事