サーフトリップでバリ島を訪れたサーファーにとって、定番と言えるエリアのレンボンガン島。出港地であるサヌール(バリ島中心地のクタから車で20分ほど)から、およそ20キロほどの距離に位置するため、手軽にアクセス可能であるためですね。

今回の動画は、一週間ほど前にビッグサイズとなったレンボンガン島を狙い、バリ島ローカルが集結してセッションした際の映像となります。


スポンサーリンク

セッションの舞台となったのは、レンボンガン島でメインブレイクであるライトハンダーのラセレーション。映像を見ると分かる通り、ひたすらバレルがブレイクする極上スポットです。

そんなレンボンガン島は、デイトリップ(day trip:日帰り旅行)で訪れるサーファーが多いです。アクセスは、サヌールからローカルボートまたはスピードボートとなります。

ローカルボートは、片道1,000円しない程度と安いのですが、移動時間は90分ほど掛かります。私はローカルボートを利用してアクセスした事がありますが、行きはテンションが上っていて問題なかったものの、帰りはボート上で肌寒くなるわ、船酔いするわでツラかったです・・・。

私のような思いをしたくない方は、スピードボートがお勧め。移動時間は、わずか30分ほどなので、船酔する時間もありません。お値段は、滞在先のホテルからサヌールまでの送迎込みで60ドルくらいからツアーがあるそうです。

ちなみに、自力でサヌールまでアクセスし、スピードボート乗り場へ向かえば、もう少し安くでスピードボートに乗れるかと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事