カウアイ島出身でバンズライダーのレイラ・ハースト「Leila Hurst」(21歳)。WQSイベントには参戦しているものの、出場コンテスト数を見る限り、フリーサーファーといった印象の方が強いウイメンズサーファーです。

今回の動画は、そんなレイラによるメキシコへのサーフトリップ映像となります。撮影地は、レイラ本人がドリームランドと呼ぶほどお気に入りなサリナ・クルス。メキシカンパイプラインで知られる、ヘビーブレイクのプエルト・エスコンディードと同じオアハカ州に位置するエリアです。


スポンサーリンク

メキシコ好きという事に加え、ナチュラルフッター(レギュラーフッター)であるレイラにとってフロントサイドで楽しめることから、サリナ・クルスが大のお気に入りという事です。

映像では、幅の厚いボードに乗っているので、ファンウェイブ狙いのトリップだったのかと思います。自分の限界をプッシュするような波を求めてのトリップも楽しいですが、こういったレイドバックな雰囲気を求めてのトリップもまた格別ですね。

動画自体は、サーフシーン満載というわけではなく、サリナ・クルスのライフスタイル映像もあり、現地の雰囲気も味わえる「サーフ×旅」といった内容となっています。


レイラ・ハーストの過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

トップターンの参考になるフリーサーフ映像:レイラ・ハースト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事