Who is JOB 5.0:エピソード4

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ついにスタートした今シーズンの「Who is JOB 5.0」。パイプラインを代表するサーファーのジェイミー・オブライエンを中心に、サーフシーンや悪ふざけ満載なレッドブルの大人気シリーズです。5~9月の間、2週間おきに新エピソードがリリースされていきます。

「Who is JOB 4.0」

Who is JOB 5.0の予告編

Who is JOB 5.0:エピソード1

Who is JOB 5.0:エピソード2

Who is JOB 5.0:エピソード3


スポンサーリンク


今回のスタートはウォータースキー。スキーからスノーボードへと流行が移り変わった雪山に対し、サーフィンからウォータースキーといった感じで、いじられキャラのプーピーズが、10フィートのパイプラインでチャレンジすることに。

プーピーズにウエットスーツを貸すジェイミーは、「オレのウエットでPiss(おぴっこ)するなよ」と言い放ち、「Poo(うんち)は?」と聞き返すプーピーズ。やり取りが冴えてますね。

難しそうなトライで、スキーに浮力があるため、ワイプアウトしても海中に沈むことなく波のリップに持ち上げられてます・・・。二回目のトライで自信がついて、トライ後は「三度目の正直だったぜ!」とのこと。ジェイミーからは、「来シーズンはジョーズ(マウイ島のビッグウェイブスポット)だぜ」とか言われちゃってますけど。

続いては、ジェイミーのサーフシーン。ただ、場所がヤバいです。シュノーケルスポットとしても知られるシャーク・コーブ。シャープな溶岩石が海面から突き出たドライリーフが特徴で、こんな場所でよくサーフできるわと驚かされます。

このシーンでは、Who is JOB 4.0:エピソード7にも登場した、クレイジーなスキムボーダーのブラッド・ドンキーも出てきます。この人も、ビッグウェイブだけじゃなく危険な事には目がないんですね・・・。

その後は、再びプーピーズのスタント。ローラーブレードでクレイジーなチャレンジに挑みます。車の後方に掴まってスピードをつけ、映像を見れば分かるアホなトライを試みますが、リーフカットのような擦り傷を負うことに。怪我にもめげず、スピードを落として再びのチャレンジ。ポンポンと音を立てるアホなチャレンジを成功させますが・・・。

ラストは、ボストン出身のジェイミーの仲間が、スノーボードをしたいとのこと。そこで、前回、プーピーズがショッピングカートジャンプをした場所で、トライすることに・・・。

今回は、すべての内容がぶっ飛んでいます・・・。ただ、海外ではこういった事に人気が集まるので、エスカレートしていきますね。


「Who is JOB」好きなら、マストチェックな米MTV発の社会現象(危険スタントを真似する若者が続出したので悪い意味で)を起こした大人気シリーズ番組「Jackass(ジャッカス)」。スケーターを起用したジャッカスが、Who is JOBのモデルです。

ジャッカス クラシックTVコレクション(4枚組) [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014-09-10)
売り上げランキング: 110,044

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)