サイクロンスウェル狙いのニュージーランドで当てたバレル:ジェレミー・フローレス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

今年3月、バヌアツに甚大な被害をもたらし、日本でも大きなニュースとなったサイクロン「Pam(パム)」。同サイクロンの動向は、ワールドツアー初戦に影響を及ぼしましたね。

ツアー初戦のクイックプロでは、同サイクロンからのスウェルを待つため、ウェイティングピリオド延長という異例の措置を取りました。結局、延長期間内にサイクロンスウェルが炸裂することはなく、イベント終了後にスウェルが入りましたが・・・

今回の動画は、パムからのスウェルを狙い、イベント後にジェレミー・フローレスがニュージーランドへと飛んだ際の映像となります。


スポンサーリンク


ジェレミーとトリップを共にしたのは、ディーン”ディンゴ”モリソンとコア・ロスマンという二人のビッグウェイブサーファー。この3人という組み合わせは、極めて珍しい感じがします。

最近のジェレミーは、かなりビッグウェイブサーファー寄りになってきているので、3人ともに似ていると言えば、似ているのですが。ジェレミーとコアに関しては、顔のタイプも似ていますし。

このトリオのトリップにしては、波は思ったほどのサイズではありませんが、とことんまでにバレルコンディションとなっています。見分け方は、コアがグーフィーフッターで、ナチュラルフッター(レギュラーフッター)のジェレミーとディンゴは、体が大きいほうがディンゴと分かりやすいですね。

さて、先日インドネシアでのリーフヒットで大怪我をしたとお伝えしたジェレミーですが、本人のSNSによると、痛み止めのおかげで楽になり、すでに退院したとのこと。また、頭痛のために目眩はするものの、検査結果で脳への損傷は見られなかったと言います。

ただ、顔には35針ほどの縫い跡があるし、ボコボコに殴られたボクサーみたいだそうですけど・・・。この様子だと、次なるJベイ(南アフリカ)でのツアーイベントへの参戦は難しいでしょうけど、早い回復を願っています。

ジェレミーが負傷した際の記事、そして、サイクロン「Pam」に関する過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

僻地トリップの恐怖!インドネシアで頭部をリーフヒットしたジェレミー・フローレス

クイックプロ終了後のサイクロンスウェルの行方は?

クラウドブレイクで10秒バレルのGoPro映像:アレックス・グレイ