チョープー(タヒチ)でロングボードでのチャージからライム消毒:ケリア・モニーツ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

先月6月、レフトのヘビーバレルがブレイクする事で知られるタヒチのチョープー(Teahupoo)へとトリップに出ていた、ウイメンズロングボード界で2×ワールドチャンピオンのケリア・モニーツ「Kelia Moniz」(22歳)。

ここ最近では、ティア・ブランコフランキー・ハラーといった若手のサーファーガールもチョープーを狙うようになったので、さほど珍しくないと思う方もいるかもしれません。しかし、ケリアの場合は、なんとロングボードでチャージしたのです。

今回の動画は、そんなケリアによるチョープーでのフリーサーフ映像となります。メンズではSUPでチャージするサーファーもいますが、ウイメンズでショートボード以外でのチャージは初めてではないでしょうか。


スポンサーリンク


今回のタヒチトリップには、ケリアと同じロキシーライダーのステファニー・ギルモアやモニカ・エレオグラム、そして、ケリアのボーイフレンドのミッチ・クルーズなどが同行していたようです。

ケリアは自身のSNSで、人生最大の波に乗ったと記していました。まさにその通りで、ウイメンズロングボーダーとして、限界をプッシュするチャージの連続。そのため、映像ではワイプアウトシーンが目立ちます。

このサイズの波であっても、ここまでホレる波でなければ普通に乗れていたと思います。しかし、ここは激ボレするチョープー。ショートボードよりも格段に大きく、浮力のあるロングボードだと、波に接する面が多いあまり、波のパワーを受け過ぎます。

また、厚みのあるロングボードでは、ケリアほど細身の女性サーファーが、パワフルなチョープーのフェイスに、レールを入れるのは至難の業です。

数々のワイプアウトにより、リーフカットを負ってしまったケリア。動画後半では、ライムを傷口に擦りつけていますね。これは、古くからサーファーに伝わる儀式のようなものです。

ボトム(海底)のコーラルリーフ(サンゴ礁)には毒があるので、殺菌効果が強いとされるライムを使うことで消毒し、サンゴ皮膚炎といった感染を防ぐためです。かなり痛々しいのですが・・・。

ちなみに、ボーイフレンドのミッチは、ケリアのチャージ写真を自身のSNSに公開。キャプションには、「悲しいとき~」で知られる懐かしのお笑い芸人「いつもここから」を彷彿させるかのよう、「彼女が自分よりもデカい波に乗ったとき~」と記されていました・・・。

(注)今回の動画は当ブログに貼り付けできません。下記画像をクリックすると、動画元である豪Stab誌の該当リンクページに移動するのでチェックして下さい。

kelia moniz wipeout at tahiti



ケリアに関する過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

25周年のロキシーを代表する2×ロングボードウイメンズチャンプ:ケリア・モニーツ

ウイメンズロングボーダーのワールドチャンプを決める一回だけのツアーイベント@中国

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)