ノースポイントでのインド洋からのビッグスウェルは?:タジ・バロウ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

インド洋から10年に一度のスウェルが押し寄せてくるという事で盛り上がった6月27~28日の西オーストラリアの週末。西オーストラリア南西部ヤリングアップ出身でベテランツアーサーファーのタジ・バロウも、そんな一人でした。

そんなタジがサーフすることになったのが、今年のマーガレットリバーでのツアーイベントで、ツアーサーファーがフリーサーフの場として集まったノースポイント。

今回の動画は、タジがビッグサイズとなったノースポイントで、トウインサーフ(ジェットスキーに牽引してもらって波に乗るスタイル)した際の映像となります。


スポンサーリンク


タジと一緒にセッションしたのは、ディノ・エイドリアンやジャック・ロビンソンといったローカルのプロサーファーたち。数々のエリアをチェックしたそうですが、クローズアウトになったスポットが多く、ノースポイントを選んだそうです。

ちなみに、ローカルプロサーファーで言えば、ワイルドカード出場したマーギーズプロで大活躍を果たしたフリーサーファーのジェイ・デイヴィスは、今回どこでサーフしたのか気になりますね。

実はジェイ、今回のスウェルの情報は知っていたのですが、トリップで南アフリカを訪れていたそうです。しかし、居ても立ってもいられなくなり、トリップの期間を縮め、オーストラリアに帰ってきたと言います。

ただ、少しタイミングが遅くなり、思ったほどのサイズは当てられなかったとのこと。それでも、激ボレとなるサーフスポット「ザ・ボックス」で、ファンなセッションを楽しんだそう。おそらく、ジェイが言うファンとは、一般サーファーには入れないレベルだとは思いますが・・・。

ノースポイントの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

カスタムのチームライダーが当てた話題のノースポイント@オーストラリア

どっちが強烈?ノースポイントでのチューブライド対決

バックアップ会場候補となっていたノースポイントでのスーパーセッション:ケリーなど