• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

現地時間7月10日(南アフリカ)、2015年度メンズWCT第六戦「Jベイ・オープン(J-Bay Open)」のラウンド1が開催されました。波のサイズは頭前後で、風はオンショアコンディション。

2015年度メンズWCT第六戦「Jベイ・オープン」予告編&トライアル映像


スポンサーリンク


今回のイベントでは、ジェレミー・フローレス、ジョンジョン・フローレンス、マット・バンティングの3名が怪我により欠場しました。マットに関しては、イベント開催直前のフリーサーフ中のこと。

そこで、マットの代わりに出場する事となったのは、トライアルイベントで2位となったマイケル・フェブラリー。マイケルは黒人サーファーで、おそらく、ツアーイベントに黒人サーファーが出場したのは初めてではないでしょうか。

イベントに話を戻すと、オンショアでグチャグチャという、Jベイらしくないコンディションでスタートした初日。今後の波予報をチェックしても、現段階においてはあまり期待できそうもないので、とりあえず波がある内に、少しでもヒートをこなそうと思ってのゴーサインだったと思います。

波の悪さはパフォーマンスの悪さに直結し、本日のラウンド1で8点以上のスコアが出たのは、わずかに5本のみ。例年の同イベントでは考えられないことで、それだけ難しい波だったと言えます。

本日のシングルハイエストスコアとトータルハイエストスコアの両方を記録したのは、11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター。8点以上のスコアは5本のみと記しましたが、その内の2本はケリーによるもの。

圧倒的な強さを見せたケリーですが、ここ最近では、イベント前半で見せ場を作って「優勝か?」と思わせながら、後半戦で失速するパターンが多いです。そろそろ、久しぶりに優勝して欲しいとは思うのですが。

今後の波予報ですが、基本的にはあまりサイズアップしそうもないです。11日(土曜)は、午前中はセット頭くらいのサイズが残り、風向きは改善されるとのことで、開催される可能性があります。

現地で朝一となる午前8時開催であれば、日本時間は15時なのでライブをチェックしやすいかと思います。

ライブ中継や詳細に関しては、下記リンク先の公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「J-Bay Open

本日の結果

・ラウンド1
Heat 1: Michel Bourez (PYF) 12.00, Brett Simpson (USA) 7.84, Taj Burrow (AUS) 5.26
Heat 2: Julian Wilson (AUS) 13.93, Miguel Pupo (BRA) 12.27, Alejo Muniz (BRA) 5.60
Heat 3: C.J. Hobgood (USA) 13.70, Owen Wright (AUS )12.86, Kai Otton (AUS) 9.73
Heat 4: Dane Reynolds (USA) 13.33, Adam Melling (AUS) 7.00, Filipe Toledo (BRA) 5.33
Heat 5: Mick Fanning (AUS) 15.67, Michael February (ZAF) 11.33, Tomas Hermes (BRA) 7.66
Heat 6: Kolohe Andino (USA) 14.03, Adriano de Souza (BRA) 13.24, Slade Prestwich (ZAF) 10.33
Heat 7: Josh Kerr (AUS) 12.94, Dusty Payne (HAW) 10.14, Sebastian Zietz (HAW) 7.74
Heat 8: Kelly Slater (USA) 17.00, Matt Wilkinson (AUS) 9.33, Glenn Hall (IRL) 5.40
Heat 9: Adrian Buchan (AUS) 12.60, Nat Young (USA) 10.00, Wiggolly Dantas (BRA) 8.87
Heat 10: Fredrick Patacchia (USA) 14.90, Jadson Andre (BRA) 14.60, Italo Ferreira (BRA) 10.53
Heat 11: Bede Durbidge (AUS) 14.00, Ricardo Christie (NZL) 6.70, Jordy Smith (ZAF) 5.17
Heat 12: Keanu Asing (HAW) 13.93, Joel Parkinson (AUS) 13.27, Gabriel Medina (BRA) 9.00

ハイライト

シングルハイエストスコアの8.83pt byケリー・スレーター

コンテストの関連記事
  • マウイ島 ジョーズ ピアヒ・チャレンジ
    2015/2016年シーズンBWTイベント「ピアヒ・チャレンジ」:ハイライト
  • 2015年度ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:四日目ハイライト
  • ステフ欠場の2016年カスカイスプロ:タイトルレースのシナリオや波予報など
  • 2016年トリプルクラウン第二戦「ワールドカップ」はジョーディ・スミスが優勝
  • 2013年度WCTメンズno.30:トラヴィス・ロギー
  • ソフィア・ムラノビッチ
    ペルーの次世代を育てるソフィア・ムラノビッチが参加したQSイベント@エルサルバドル

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事