• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

先日お届けしたマウイ島ローカルによるシリーズ作品の第一弾。なんじゃこりゃ!といったエアリアル満載のスーパーハイレベルセッションでした。

必見!市販作品クオリティのマウイ島ローカルによるエアリアルセッション

今回の動画は、同シリーズ作品の第二弾となります。前回とは異なり、今回のメインとなるのはバレル。登場サーファーは、アルビー・レイヤー、カイ・バーガー、タナー・ヘンドリクソンの3名となります。


スポンサーリンク


撮影の舞台となっているのは、ウイメンズのWCT最終イベント地としても使われているホノルアベイ。マウイ島の中では有名スポットで、バレルありのロングライド可能なライトハンダーです。

スローモーション映像が多い今回の動画。ただ、通常スピードで見た方が、いかに難しいのかが分かります。波のブレイクする速度を考えると、サーファーがバレルをメイクするためには、瞬時にライン取りを決めたりと、数秒の間に数々のストーリーがあるので。

こういったサーフ動画を見ると、いつも感心させられるのがレールワーク。2:31~では、バレルを抜けた後のハイスピードからカットバックを入れています。何気ないアクションですが、これって凄いことです。

レールを入れるという事は、水の中にビーチボールのような浮力があるものを沈めるのと同じような事です。浮力のあるものは、水中に入れようとすると浮かび上がろうとします。そのため、できるだけ水中に沈めてから、リリースすると大きく反発します。

バレルになるようなパワーのある波で、スピードに乗ったボードのレールを入れるという事は、沈めるだけでもかなり大変です。私なんかは脚力がないので、普段よりもサイズとパワーのある波に乗り、いつものようにレールを入れようとして、弾かれてしまった経験が何度もあります。

そういった経験があるので、ちょっとして動作を見ても、気になってしまいました。少しマニアックかもしれませんが・・・。

フリーサーフの関連記事
  • ブルース・アイアンズ オフザウォール
    オフザウォールでブルース・アイアンズが見せたバレルライド動画@2016/1
  • 2017年CT初戦出場のハーレーチームによるフリーサーフィン動画@ゴールドコースト
  • 絶好調ルーキーのコナー・コフィンによる最新動画@カリフォルニア&ハワイ&オーストラリア
  • ワールドツアーへのワイルドカード出場で名を馳せたアダム・ロバートソンのフリーサーフ
  • コスタリカでのフリーサーフ:アドリアーノ・デ・スーザ
  • 北カリフォルニアサーファーの血統を継ぐオースティン・スミス・フォードのフリーサーフ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事