• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

イギリス出身でフリーサーファーのルービン・アッシュ「Reubyn Ash」(27歳)。エアリアルマスターのルービンは、変わり種の一発技エアーではなく、王道のスタイルを見せるヨーロッパでトップレベルのエアリアルサーファーです。

今回の動画は、そんなルービンがお気に入りのサーフデスティネーションであるインドネシアで見せるフリーサーフ映像となります。


スポンサーリンク


当ブログでは、高水準のサーフスキルを持ちながらも、日本のサーフメディアでは扱われないようなサーファーを紹介していきたいと考えていました。そのコンセプトにぴったりだったのがルービン。

日本のメディアだけでなく、アメリカやオーストラリアのサーフメディアでも、それほどピックアップされることがありません。その理由としては、イギリス人サーファーであるのが一因だと思います。昨年までのブラジリアンサーファーなんかと同じですね。

サーフィンはコンテストありきで、ワールドツアーサーファーをコンスタントに輩出するような国でなければ、フリーサーファーとしてやっていくのは厳しいです。

事実、これまでのルービンは、ビラボンがメインスポンサーでしたが、今年はスポンサーなしの状態となりました。つまり、ルービンがサーフする事に対し、金銭面でのサポートをする企業が存在しません。言って見れば、一般サーファーと変わらないということです。

しかし、動画を見てもらえれば分かりますが、圧倒的なスキルを持っています。これほどの実力がありながら、プロとしてやっていけないのは、非常に厳しいです。

少しずつワールドツアーサーファーを輩出するようになってきたヨーロッパのサーフシーンにおいても、フリーサーファーという存在は、まだまだこれからというのが現実なのですね。

ルービンの過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

ルービン・アッシュのワールドトリップ:パート1

ルービン・アッシュのワールドトリップ:パート2

ルービン・アッシュのワールドトリップ:パート3

ルービン・アッシュのワールドトリップ:パート4

ルービン・アッシュのワールドトリップ:パート5

ルービン・アッシュのワールドトリップ:パート6

インドネシアで見せるエアーゲーム:ルービン・アッシュ

  • ビラボンガールズのロードトリップinニュージーランド2
  • 進め!ケパ・アセロ:ラテンアメリカ編4
  • パトリック・グダスカスによる3週間の南アフリカトリップ!Jベイやスケルトンベイなど
  • バリ島ブキット半島をボートクルーズ
  • 極寒ノルウェーから常夏のインドネシアをアッシャー&ボーがサーフトリップ
  • グッドウェイブに貸切ラインナップ!サーファーの夢が詰まったメキシコロードトリップ動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事