南寄りからのビッグなサマースウェルが入ると、サーファーの数を優に超すギャラリーが集まるニューポート・ビーチ(南カリフォルニア)のザ・ウェッジ。

そこまでギャラリーを魅了する理由は、強烈過ぎるバックウォッシュやショアブレイクに対し、果敢にチャージするサーファーの姿にあります。コンディションがコンディションだけに、とんでもないワイプアウト続出とエンターテイメント性が高いので。

今回の動画は、ザ・ウェッジにおける今シーズンと昨シーズンの映像コンピレーションとなります。


スポンサーリンク

一瞬でホレ上がる波が多いことから、もともとはボディーボーダーやボディサーファーのスポットといった印象が強かったザ・ウェッジ。ショートボードやロングボードのようなスタンドアップサーフィンを寄せ付けない波ですからね。

しかし、ここ数年はエクストリームへと向かい続け、ジェイミー・オブライエンなどといったショートボーダーがチャージしています。ただ、何気なくチャージしているものの、実際には危険極まりないです。

ジェイミーのように、ワイメアのショアブレイクなどでも遊ぶほどのウォーターマンとなれば、どのようにワイプアウトすれば、ボトム(海底)にヒットしないのかよく分かっていると思います。だからこそ、ボトムにヒットして怪我をしたという話は殆ど聞きません。

ですが、ザ・ウェッジの映像を見て、自分にもできると思い込み、実力の伴わないサーファーが入る可能性があるのが、非常に怖いですね。実際に、どれほどのサーファーがザ・ウェッジで怪我をしているのか気になります。

そもそも、どうしてこの波にチャージするようになったのか謎ですね。南カリフォルニアには、数々の有名サーフスポットがあるのに・・・。

ザ・ウェッジの過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

ザ・ウェッジのエンターテイメントウェイブ:ジェイミー・オブライエン

ジェイミー・オブライエンによるボードトランスファーの舞台裏

ウェッジに憧れたステファン・フィゲイレドの初チャレンジ

ザ・ウェッジでのアクロバティック映像:ディオン・アジアス

シーズン外れの冬にブレイクした危険度マックスのザ・ウェッジ

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事