• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

南寄りからのビッグなサマースウェルが入ると、サーファーの数を優に超すギャラリーが集まるニューポート・ビーチ(南カリフォルニア)のザ・ウェッジ。

そこまでギャラリーを魅了する理由は、強烈過ぎるバックウォッシュやショアブレイクに対し、果敢にチャージするサーファーの姿にあります。コンディションがコンディションだけに、とんでもないワイプアウト続出とエンターテイメント性が高いので。

今回の動画は、ザ・ウェッジにおける今シーズンと昨シーズンの映像コンピレーションとなります。


スポンサーリンク


一瞬でホレ上がる波が多いことから、もともとはボディーボーダーやボディサーファーのスポットといった印象が強かったザ・ウェッジ。ショートボードやロングボードのようなスタンドアップサーフィンを寄せ付けない波ですからね。

しかし、ここ数年はエクストリームへと向かい続け、ジェイミー・オブライエンなどといったショートボーダーがチャージしています。ただ、何気なくチャージしているものの、実際には危険極まりないです。

ジェイミーのように、ワイメアのショアブレイクなどでも遊ぶほどのウォーターマンとなれば、どのようにワイプアウトすれば、ボトム(海底)にヒットしないのかよく分かっていると思います。だからこそ、ボトムにヒットして怪我をしたという話は殆ど聞きません。

ですが、ザ・ウェッジの映像を見て、自分にもできると思い込み、実力の伴わないサーファーが入る可能性があるのが、非常に怖いですね。実際に、どれほどのサーファーがザ・ウェッジで怪我をしているのか気になります。

そもそも、どうしてこの波にチャージするようになったのか謎ですね。南カリフォルニアには、数々の有名サーフスポットがあるのに・・・。

ザ・ウェッジの過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

ザ・ウェッジのエンターテイメントウェイブ:ジェイミー・オブライエン

ジェイミー・オブライエンによるボードトランスファーの舞台裏

ウェッジに憧れたステファン・フィゲイレドの初チャレンジ

ザ・ウェッジでのアクロバティック映像:ディオン・アジアス

シーズン外れの冬にブレイクした危険度マックスのザ・ウェッジ

  • Who is JOB 4.0:エピソード7
  • カイ・レニーが今度はハイドロフォイルボディボードで浮遊ライディング
  • アラナ・ブランチャード/サーファーガール シーズン3:エピソード9
  • ボディペイント サーフィン
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
  • 女性版インディ・ジョーンズことアリソン・ティールのドキュメンタリー作品「Alison's Adventures」予告編
  • ヤディン・ニコルが息子とサーフィンを楽しむ心温まる親子セッション@ハワイ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事