スタントマンがバイクに乗って挑むチョープー:ロビー・マディソン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

山中の道なき道を突き進むイメージの強いオフ車こと、オフロードバイク(英語ではダートバイク)。そのオフ車に乗り、ビッグウェイブに乗ろうと考え、実行に移した人物が現れました。

その人物こそ、オーストラリア出身でスタントマンのロビー”マッド”マディソン(Robbie “Maddo” Maddison)。大人気スパイ映画「007」シリーズでも、スタントマンを務めた経験のある人物です。

今回の動画は、そんなロビーがオフ車に乗り、タヒチのチョープーとパパラで波に乗ってしまうという前人未到のチャレンジ映像となります。あまりにクレイジーなトライに、思わず釘付けになってしまうこと間違いなし。


スポンサーリンク


現在はバイクのスタントマンであるマッドは、20年以上のサーフィンキャリアを持つサーファーでもあります。そんなマッドの奥さんは、ウェイクボードのチャンピオン。

二人揃ってオーストラリアでゆっくりできる時は、川にボートを浮かべてクルーズを楽しみ、さざ波が立つと奥さんがウェイクボードを楽しんでいるそうです。

奥さんが波に乗る様子を眺めていたある日、バイク乗りのマッドは妄想しました。「オレもバイクにスキー板でも装着して、水面を走らせたいな~」と。

そんな妄想がきっかけとなり、スポンサーであるDCシューズとおよそ2年ほど前にスタートさせた今回の企画。完全なるシークレットプロジェクトとして、秘密裏に準備を経ていったと言います。

バイクは予定通り、スキー板のようなものを装着し、水陸両用車へと改造。タヒチのビッグウェイブにトライするとあり、波に巻かれた場合に備え、呼吸法のトレーニングを積み、万全の状態で臨んだそうです。

ただ、マッド本人がサーファーであり、チョープーの映像などはこれまでにも見たことはあったけれど、実際に現地で波がブレイクする様子や音を目の前にすると、想像以上の恐怖心に襲われたと言います。

それにしても、この発想と実行力には凄まじいエネルギーを感じてしまいます。なかなか見ることのできない驚異の映像となっているので、チェックして見て下さい。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)