切れ味の鋭いターン、そして、誰にも真似することのできないシグネチャームーブと言えるブローテールが魅力のハワイアンサーファーのクレイ・マルゾ「Clay Marzo」(26歳)。

今回の動画は、そんなクレイの最新シグネチャーモデルとなるサーフボード「マッド・キャット(Mad Cat)」がスーパーブランド(SUPERbrand)からリリースされたので、クレイ本人がマッド・キャットに乗る映像をお届けします。


スポンサーリンク

そもそも、スーパーブランドって何ぞやって方もいますよね。スーパーブランドは、クレイ、ディオン・アジアス、ライ・クレイクという3名のフリーサーファーをチームライダーとして、2008年に立ち上げたサーフボードブランド。2010年からは、アパレルラインもスタートさせています。

マッド・キャットという名前については、猫のように俊敏なスピードで、想像も付かないようなスーパーアクションを繰り出すクレイのサーフィンにはピッタリなネーミングかと思います。

ボードデザインは、腰~ダブルオーバーヘッドまで対応できるモデル。ノーズには余分な幅をもたせ、パドルパワーを加えたり、ノーズピック(エアーのフィニッシュで、ノーズを波のフェイスに突き刺す格好となる着地)のリカバリーが容易になるとのこと。

レールはクレイのパワーに合わせたフルボキシーで、テールはクイックかつタイトなアクションを可能にするため、ラウンドスクエアとなっているそうです。

映像を見て、実際のパフォーマンス性能をチェックして見て下さい。あまりに桁外れのレベルなので、参考になるかどうかは分かりませんが・・・。

クレイの過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

表舞台から姿を消したクレイ・マルゾの現在

WA州北西部でフリーサーフ:クレイ・マルゾ

インドネシアでの1セッション映像:クレイ・マルゾ

バレルの自撮りも含むオーストラリアWA州でのフリーサーフ:クレイ・マルゾ

中米ニカラグアで小波チューブセッション:クレイ・マルゾ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事