• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

スラブ(チョープーのように底ボレするタイプの波)スポットとして、オーストラリアではかつて大注目を集めたTAS(タスマニア)州のビッグウェイブスポット「シップスターン・ブラフ」。

最近では、WA(ウエスタンオーストラリア)州のザ・ライト、NSW(ニューサウスウェールズ)州のアワーズの影に隠れるような存在となっているものの、今も変わらず、背筋が凍るような波がブレイクしています。

今回の動画は、そんなシップスターンで今年6月に撮影された映像をお届けします。


スポンサーリンク


シップスターンの注目度が下がった理由の一つは、アクセスが困難な点にあると思います。ローカルなどはハイキングをしながらシップスターンに向かいますが、沿岸からシップスターンのラインナップまではジェットスキーに乗って30キロと遠いです。

波質は、エグいホレ方をするスラブである上に、2段掘れから3段掘れなど当たり前という癖波。ダウンザラインしていると、ステップ(波のフェイスにできた段差)があるので、そのステップをエアドロップしなければならないのです。

ただ、この難易度の高さが、当時はサーファーを魅了しました。ケリー・スレーター、故アンディ・アイアンズ、オーストラリアのレジェンドビッグウェイブサーファーのロス・クラーク・ジョーンズなども訪れたほどですから。

果たして、この映像を見て、「行ってみて~!」と思うサーファーはいるのでしょうか。世界を見渡しても、一握りのクレイジーなチャージャーにしか、魅力的に映らないでしょうね・・・。

シップスターンに関する過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

ビラボンXXLにエントリーされたビッグウェイブチャージ@シップスターン

エントリーシーンから撮影された貴重なシップスターンでの自撮り映像:マイキー・ブレナン

今シーズン最大級スウェルのシップスターンでローカルセッション

シップスターンが世界で一番好きと言い切るクレイジーチャージャー:マイキー・ブレナン

ドローンを使って空から映し出すシップスターン・ブラフ@タスマニア

ビッグウェイブの関連記事
  • WCTイベント期間中に2016/2017年シーズン初のビッグスウェルが入ったナザレ(ポルトガル)
  • Where is Sancho?:今シーズンのフランスで当てたビッグウェイブ特集
  • 2015年度「レッドブル・ケープ・フィア」のフォーマットと招待選手
  • ウイメンズも登場する16/17年シーズン最大サイズとなったナザレ(ポルトガル)セッション
  • 2014年11月のナザレ映像:ケアリイ・ママラ
  • ギネス記録を超える108フィートの波に乗ったサーファー:ベンジャミン・サンチス

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事