新旧世代のブラジリアンによるトレッスルズでのフリーサーフ映像@2015年

シェア(記事を気に入ればお願いします)

昨年2014年、ガブリエル・メディナがブラジリアンとして初のワールドチャンピオンに輝き、勢いに乗るブラジリアンサーファー。今シーズンもまた、アドリアーノ・デ・スーザやフィリペ・トレドの活躍で、勢いが衰える事がありません。

ウイメンズに目を向けてみても、トレッスルズ(南カリフォルニア)でのツアーイベント第七戦を前に、ランキングこそ12位と優れないものの、ウイメンズの世界では革新的なエアリバースをツアーイベントでメイクしたりと、シルヴァナ・リマが活躍しています。

今回の動画は、そんなブラジリアンをトレッスルズ(南カリフォルニア)で撮影した映像となります。ベテランから若手まで登場し、ブラジリアン旋風の現在を見るには最適ではないでしょうか。


スポンサーリンク


登場するサーファーは、冒頭に出演する12歳のウォレス・ヴァスコといったグロメットから、28歳のベテランであるアドリアーノまで新旧世代のサーファーが集結。

ただ、小波がメインの映像となっているので、見所は1:57~からのフィリペ・トレドでしょう。ちなみに、フィリペはすでにツアーに欠かせないサーファーではあるものの、年齢は若干20歳。

そのフィリペが2:07~で見せるブローテールこそ、今回の動画で一番のアクションかと思います。小波でありながら、非常に大きく見える派手なアクション。

クレイ・マルゾを彷彿させるブローテールですが、果たして、ワールドツアーイベントにおいて、このアクションを入れたら、どのくらいのスコアが付くのか気になります。

是非とも、トレッスルズで開催される次戦ハーレープロでは、このブローテールをレパートリーの一つとして見せて欲しいですね。

トレッスルズでのフリーサーフの過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

ホームブレイクのトレッスルズでフリーサーフ:パトリック&タナー・グダスカス

トレッスルズでのフリーサーフ:ジョーディ・スミス

サーフィン歴7年でブラジルトップレベルのローワーズサーフ:ヤゴ・ドラ

14歳がマシンブレイクのローワーズでやりたい放題:カイアス・キング