ウェイティングピリオド最終日までもつれこんだ今シーズンのビラボン・タヒチ・プロ。そこまで波がなかったのかと思いきや、大海原に浮かぶタヒチだけあり、スウェルには敏感なようです。

今回の動画は、レイデイ(Layday:コンテストのオフ日)続きとなった今年のウェイティングピリオドにおいて、ワールドツアーサーファーたちがフリーサーフする映像をお届けします。


スポンサーリンク

ファンウェイブのチョープーとの記載がされている今回の動画。しかし、一般サーファーからしてみれば、十分過ぎるというより、ビビるようなバレルがブレイクしています。

スタートで登場するケリー・スレーターが波のボトムに降りた時、後方でブレイクした波のホワイトウォーターの高さと量を見れば、相当パワフルかつサイズがあるのが分かりますね。

登場しているサーファーを分かる範囲で名前を並べると、ケリー、ガブリエル・メディナ、ジョエル”パーコ”パーキンソン、ジェレミー・フローレス、ウィゴリー・ダンタスなど。

個人的には、ケリーが口にくわえているマウスマウントの形が良く分かるのがグッドでした。GoPro自体は、顎辺りに位置しているのですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事