先日お届けした、オーストラリア出身でスタントマンのロビー”マッド”マディソン(Robbie "Maddo" Maddison)による、バイクによるチョープー(タヒチ)アタックの映像。

スタントマンがバイクに乗って挑むチョープー:ロビー・マディソン

オフロードバイクを水陸両用車にして、チョープーを滑走する様子は大きな衝撃であったと共に、これってジェットスキーと同じじゃない?との意見を持った人もいるはず(笑)。

今回の動画は、そんなマッドのチャレンジを異なる視点から撮影した映像をお届けします。


スポンサーリンク

2年近くの準備期間を経てトライしただけあり、前回の映像だけで終わりというわけはありません。今回の映像は、マッドのヘルメットやブーツなど、あらゆる場所にアクションカメラを設置していたので、その映像とのこと。

いわゆる、POV(Point of View)撮影です。チャレンジするマッド本人からは、どのような風景が映っていたのかが分かるもので、視点ショットなどと言われる撮影方法です。

さて、使用されているアクションカメラですが、今回はGoProではありません。なんと、日本を代表する企業のソニー(Sony)による4kアクションカメラなのです。

全く私個人とは関係ないにもかかわらず、アクションスポーツの世界で日本企業がスポンサーになっているのは、非常に嬉しく感じてしまいます。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事